映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

幸せの隠れ場所 The Blind Side

しあわせの隠れ場所 (字幕版)

2009年のNFLドラフト1巡目でボルチモア・レイブンズに指名され入団した

実在の人物であるマイケル・オアーのエピソードに基づいた作品。

原作は、マイケル・ルイスの『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』

(The Blind Side: Evolution of a Game)。

ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟
 

リー・アンが来るまで家に帰る途中、夜雨に濡れ歩いていた大きな黒人青年に

目を留める。

マイケルという名の青年で、彼の境遇を知り、一家に迎え入れることにする。

アメリカン・フットボールを始めたマイケルは、リー・アンの家族らの応援もあり

才能が開花していく。

 

以下ネタバレあり

 

 

 奇跡の実話。実際のマイケルのインタビュー映像等あり。

 

リー・アンら家族が、マイケルのアメリカン・フットボールの才能を見い出し

高校アメフト界のスター選手へと開花していく。

スポーツ奨学金で大学進学を目指すマイケルだが、学力不足のため

リー・アンは、家庭教師のスーを雇うことに。

努力の末、奨学金に必要なGPA2.5を上回る成績になり、マイケルは、リー・アンら

夫妻の母校であるミシシッピ大学への進学を決意する。

しかし、NCAAからの調査で、自分がリー・アンの家庭に迎え入れられたのは

アメフトのスター選手を育て、母校に入れるという目的があったのではと疑われ

ショックを受け、家を飛び出してしまう。

実母に会うため地元へ戻るが、マイケルはリー・アンの家族を侮辱され

カッとなり怪我をさせてしまい、怖くなったマイケルはリー・アンに電話をする。

彼女から、大学は自分で選べばよいと言われ、マイケルはついに、

候補の3大学の中から、進学先の大学を決める。

 

CBSでのインタビュー映像。実際のテューイ(Tuohy)一家が登場。

 

 

映画名シーン。

アメフトのルールがわかない上、闘争本能が無く、心優しきマイケル。

コーチが上手く指導が出来ない中、リー・アンは相手との闘いではなく、

家族であるチームを守るのだと説明し、マイケルの動きが良くなっていく。

テューイ家長男のS.J.がいることで、お涙頂戴だけのドラマではなく、

楽しめる作品になっている。

 

 S.J.との特訓シーン。

アメフトの知識は、小さなS.J.のほうが上。

ママのDNAを受け継いだS.J.は、小さいながらもマイケルのエージェントとして

大活躍をしていく。

 

裕福な白人一家に貧困層の黒人の青年が同居しているため、当然のように

周りには偏見を持つ人々が。

友人らとの食事会で、差別的な発言をする友人と決別するリー・アン。

娘のコリンズも、同じ学校に通うマイケルを支えていく。

 

マイケルのスカウトのため、自宅へやってくるのは

実在するルー・ホルツやニック・サバン等の名コーチの面々。

撮影風景が紹介された動画です。

Wins, Losses, and Lessons: An AutobiographyNick Saban vs. College Football

 

実話だが、かなり脚色されている部分もある。

実際は、アメフトは初心者ではなく、以前からプレーしており、

成績UPのために通信教育も利用し、補強されたと言われている。

主人公のサンドラ・ブロック演じる、リー・アンを引き立たせるための

脚色が多いことが、作品の評価を落しているとも言われているが

実話にこだわったり、主人公がマイケルだったとしたら、

ここまで楽しめる作品にはならなかったと思う。

ハッピーエンドの娯楽作品として、何度観ても楽しめる。

 

 

フィルミング・ロケーション 

テューイ家(屋内)が撮影された家 ※外観は別の家です

 

 

 学校:アグネス・スコット大学(アトランタ

フライドグリーントマト」「ドライビング・ミス・デイジー」等

有名映画の撮影でも利用されている美しい大学です。

 

登場人物SNS

リー・アン インスタグラム

マイケル twitter

S.J. インスタグラム

コリンズ インスタグラム