映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ウォッチャー WATCHER シーズン1 全20話

15年前、母の殺害現場を目撃した少年キム・ヨングン

現在、交通課の警察官になったヨングンは、検問した相手に刺され、

逃走する男を追いかける途中、発砲してしまう。

署内で厳しい取り調べを受けるヨングンを、監査4班の班長チグァンが釈放。

犯人の病室で、二人は検事から弁護士に転身したハン・テジュと再会する。

3人それぞれ、この事件には、警察の不正に関連する裏があると考え、

お互いの目的を隠しながら強力しあうことに。

 

以下ネタバレあり

 

 

主人公のキム・ヨングンを演じるのは、ソ・ガンジュン。

家族の過去の事件と関係するト・チグァン、ハン・テジュと再会し

事件の裏に何かあると考え、協力するフリをして、不正捜査チームに入る。

15年前、母の殺害現場を目撃するが、トラウマから犯人の顔が思い出せないでいる。

父は、ト・チグァンに逮捕され、刑務所で服役中。

正義感にあふれ、多少無鉄砲。根っこは優しい好青年。

 

名優ハン・ソッキュは、先輩の不正を目撃し、警察の内部調査をする監視者に

なる選択をした不正捜査チームを率いるト・チグァンを演じる。

(監視者=WATCHER)

キム・ヨングンの父親を、証拠の偽装をして逮捕した過去がある。

良い人なのか悪い人なのか、繊細な演技で最後まで惑わせてくれる。

 

敏腕弁護士のハン・テジュを演じるのは、キム・ヒョンジュ

ヤミ金の取り立てをしていたジェシクを更生させるため、

用心棒兼部下として雇っている。

過去に何者かに監禁され、親指を切断される事件があり、犯人を追っている。

クールビューティーという言葉がぴったり。

 

 上記3人に加え、セヤン地方警察庁庁長からチームの監視役として配属された

チョ・スヨン役にパク・ジュヒ。

緊迫しがちな3人の中に、ふわっとした優しい雰囲気の彼女がいることで

良い緩和剤になっていた。

 

冒頭から怪しげな人物が次々に登場!

 

誰もかれもがひと癖あり、20話まで飽きさせることなくひっぱっていく。

元検事で、現在は広域捜査隊の班長であるチャン・ヘリョンは、

悪人顔で怪しげだが実は良い人かも?と何度も思わせてくる。

チグァンを信頼し気にかけ先輩風吹かせている警察庁次長のパク・ジヌも、

ヒラからのたたき上げと知り、出世の裏に?と怪しげに見えてくる。

ほんわか女子のチョ・スヨンさえ、実は庁長に頼まれてチーム内に

隠しカメラを設置していたり。

 

個人的には、ハン・テジュの部下ジェシクがお気に入りだった。

怪しげな登場人物が多い中、この人は全面信頼していられたので

観ていて安心出来たからかもしれない。

 

黒幕:ファンサ会 元は法で裁けない悪を処罰しようと立ち上げた組織

創設者:キム・ジェミョン (ヨングンの父)

実行犯(亀):チャン・ヘリョン

ということで終わるが、逮捕された後に「亀はいくらでもいる」と言って

いたことから、まだ戦いは続いていく…という締めになった。

シーズン2がありそうな予感。

悪を裁くはずの組織が、金、権力、出世などに目がくらんでいくことで

悪そのものになってしまったというようだ。

 

ラストで、ファンサ会の全貌と、自分の過去の過ちも公表したチグァンだが、

庁長が、次長殺害をチャン・ヘリョンに指示していたことに気づき

庁長への脅しに利用していたことが判明する。

ヨングンが気づき、不正を正す側のチグァンもファンサ会化していくのでは?

と疑問を投げかける。

 

そして最後に

監視者は誰が監視するのか

というメッセージが。

 

 

クランクアップの様子

和やかムードで皆笑顔で、何だかほっとします。