映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

恋の予感?! ~ホテルリノベ奮闘記~ Falling Inn Love

仕事と彼氏を同時に失ったガブリエラは、ニュージーランドにあるホテルの

オーナー募集の広告をネットで見つけ、応募する。

優勝したガブリエラは、アメリカからはるばるベルバード・バレー・ファームに

やって来たが、ネットで紹介されていたホテルの写真と違い、

ホテルは荒れ果てていた。

 

以下ネタバレあり

 

 

ガブリエルは、恋人のディーンとの進展しない関係に悩んでいた。

友達に相談し、結婚を迫るが、ディーンにその気はないと知る。

会社は倒産し、恋人との未来が無いと気付いたガブリエルは、

ネットで見かけたホテルのオーナー応募に申込み、意気揚々と

ニュージーランドへ向かう。

 

ニュージーランドに到着したガブリエル。

最寄りのバス停で降りるが、どこまでいってもがたがたの田舎道が続いていた。

ガブリエルの不注意で、スーツケースが転がり落ち、車に激突。

運転していたのはジェイクという親切な男性だったが、初対面の男性の車に

乗りたくないと厚意を無下にする。

 

その後、ホテルに到着するが、ネット広告の写真と違い、荒れ放題の状態。

仕方なく一人で修繕を始めるが、リノベーション経験がないガブリエルには

無理があった。

 

町の工務店のノーム(ノーマン)や園芸店のシェリー等、町の人々の協力で

ホテルの修繕が少しずつ進んでいき、最悪な出会い方をしてしまった

ジェイクと共同オーナーになることに。

 

町で唯一のB&Bを経営するシャルロッテが唯一の悪役で、何かと邪魔されるが

言うほど悪人ではない人物。

 

案の定、ジェイクとガブリエルは恋に落ちる。

ホテルが完成し、転売出来たら、アメリカへ戻る予定だったガブリエルだが

ニュージーランドで新しい人生をスタートさせる。~終~

 

 

登場する町の人々は皆良い人ばかり。

意地悪する人物がたった一人出てきますが、大したことはせず。刺激ゼロの展開。

もし、自分がニュージーランドの片田舎に引っ越したとしたら…などと

想像しながらのんびり見ることをお勧めします。

私が今までみた映画であれば、親切過ぎる町民=恐ろしい目的がある…とか

親切なイケメン=シリアルキラー…とか、いったん町に入ると出ることが

物理的に出ることが出来なくなる…など、主人公が追い詰められる展開

ばかりだったので、途中うとうとと…。

一番驚かされるのが、ヤギってどういうことだろう?

 

リノベ途中、壁の中から古い手紙が見つかる…という場面が。

ジュリエットからの手紙」っぽいなと思いつつ、この手紙が何か時空を超えた

奇跡など起こしたりするのか?と期待をするも、ラストでこの二人が

無事結婚していたとさらっと紹介されるのみ。

ラブレターを送りあうことをこのホテルの伝統にしていこう…というジェイクに

ガブリエルうっとり♡というエンディング。

 

【映画ロケーション】

街の風景として映っていた教会 St. George's Anglican Church

 

町のカフェ(The Cottage Lane Cafe) Suger Cafe

 

ノーム(ノーマン)の店 Read Bros Hardware Ltd

 

ビーチのシーン

Te Henga WalkwayからBethells ビーチへ歩いていく。