映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

6アンダーグラウンド 6 Underground (2019)

6 Underground (Music From the Netflix Film)

ネオジム磁石で莫大な財を成したビリオネアの通称“ONE”は、自分の死を偽装し

政府が手を出せない独裁者やテロリストを倒すため、優秀な人材を集め

同じように過去を捨てゴーストとなったメンバーとチームを結成する。

中央アジアトゥルギスタンの独裁者ロヴァク・アリを倒すために、彼らは闘い

はじめるが…。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

ONE : ネオジム磁石で莫大な富を得たビリオネア チームリーダー

TWO : CIAの元スパイ

THREE : ヒットマン

FOUR : パルクールのプロ

FIVE : 医者

SIX : プロドライバー

SEVEN : 狙撃手

 

 

フィレンツェ

トゥルギスタンの4人の将軍の弁護士を殺すが、SIXを亡くす。

 

【ラスベガス】

ロヴァク・アリの部下である将軍らを暗殺

 

【香港】

ムラット・アリを救出

 

※ラスト ネタバレ注意

【トゥルギスタン】

独裁者ロヴァク・アリの演説を放送しているテレビ局をハッキングして

ムラットの声をテレビで流すことに成功。

国民がその声を聞き、独裁者を倒すために立ち上がり始める。

ロヴァクはヨットに逃げ、ムラットは宮殿を占拠することに成功。

メンバーは、ロヴァクのヨットを襲撃し、ワンが発明した磁石を使い

ロヴァクの部下を全滅。

ヘリコプターで逃走しようとするロヴァクを、難民たちがいる砂漠に落とし

難民らはロヴァクをなぶり殺しにする。

ムラットが、新しい大統領となる。 

~終~

 

 

ストーリー的には、ありがちな内容なのだが、物凄いアクションシーンの連続に

口をあんぐりと開け驚かされたまま観終えるので、満足感はある。

1番の感想が、お金かけすぎ…だった。

ネットフリックスでは、「アイリッシュマン」に次ぐ高額製作費だったよう。

まあ、エンターテイメント業界で稼いだ人物ベスト4だっただけある。 

 

監督の特殊撮影車両は、ファンの間では有名だが、

これだけのアクションを披露したスタント陣も物凄いメンバーがそろっていたようだ。

 

冒頭の墜落シーンは、著名な曲芸飛行のパイロットのカービー・チャンブリス

操縦した飛行機だという。(動画は映画に関係ないものです。)

 

FOURが柱に次々飛び移るシーン。

スタントは、パルクールのプロのCallum Pawel。

 

Callum Pawelが所属する、パルクールのプロチーム“STORROR”が

映画に参加している。

動画のタイトルにある“Bayhem(ベイヘム)”というのは、マイケル・ベイ監督が

得意とするド派手アクションを示す造語で、ベイ(名)+mayhem(破壊行為という

単語)を組み合わせて作られたそうだ。

途中、ベイヘム研究所という謎の研究施設の映像あり。

 

 

【映画ロケーション】

 

 トゥルギスタンのシーンは、アブダビで撮影されている。

ラスベガスのシーンも実はアブダビで撮影されていた。

(Etihad Towersのカンファレンスセンターでの撮影等)

 

トゥルギスタンの大統領官邸は、アブダビエミレーツパレス(ホテル)での

撮影。

 

円形のビル:アルダーHQ(本社ビル)