映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

プロジェクト・パワー Project Power

f:id:murton-09:20200816045345p:plain

5分間だけ超人的な力を得ることが出来る、ザ・パワーという名のドラッグ。

謎の組織が作り出した薬は、ニューオリンズのドラッグディーラーらに無償提供され

あっという間に広がっていく。

ドラッグで力を得た者らによる犯罪が多発し、地元警察官のフランクは

ザ・パワーを摂取しながら、犯罪一掃のために戦っていた。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

近未来のアメリカ・ニューオーリンズ

謎の組織が、ザ・パワーという超能力を得るドラッグを、ニュートを含む

ニューオリンズのドラッグディーラーらに無償で提供しはじめる。

ドラッグで得るパワーは、人により効果が違い、飲んでからでないとわからないと

いう代物。

拒絶反応で命を落とす場合もあるが、カメレオン人間や怪力等、パワーを得た者らの

起こす犯罪が、急増していく。

NOPDの警官フランクは、ザ・パワーを飲みながら、ザ・パワーがらみの犯罪一掃

のために戦っていた。

 

ザ・パワーの元締めを探すため、アートという男がニュートの元を訪ねてくる。

ニュートは、全身炎になる能力を得ていたが、それが原因で重症を負い

住んでいたアパートごと大爆発。

アートは、ニュートの携帯を使い、次にロビンをおびき出す。

ロビンを脅し、問題が起きた場合の連絡先であるスーパーマーケットに向かわせる。

そこにいた男らとアートが戦い、重症を負うが、そこでニューオリンズにいる

ザ・パワーのユーザーらが、被験者として監視されていることを知る。

 

ロビンが、アートの傷を治療したことで絆がうまれ、アートはロビンにいきさつを

説明する。

アートは、軍を去った後、軍事企業のテレイオスに採用され、極秘実験に参加するが

良い結果が出なかった。しかし、実験後に産まれた彼の娘は能力の持ち主で

それに気づいた組織に娘を誘拐されていた。

 

次に、アートは、ザ・パワーの特別な顧客向けのデモンストレーションをする場所へ

潜入する。ザ・パワーは、人類の新たなる進化で、Hairy Frog(毛深カエル)

(別名ウルヴァリン・フロッグ:骨を武器にして戦う)やカメレオンなどの

生き物の能力に由来した薬だと説明していた。

ここでのバトルにより、アートが逮捕されるが…。

 

 

 楽しみにしていたNetflixの新作だが、既視感あり、ストーリーはそれほど

ワクワクはなかった。

ただ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットのファンとしては、満足。

 

脳が100%活用出来るドラッグが出てくる映画「リミットレス」を

思い出していた。ドラマも大好きだったが、ウィキペディアによると 

”スポンサーが重視する年齢層の視聴率が低い”という理由で、シーズン1で

打ち切りになったという。酷い。

リミットレスは脳の活用のみなので、+X-MENという印象。

 

ウルヴァリン・フロッグにも驚いたが、なんとアートの能力が

テッポウエビから得たものだと知って驚いた。

確かに、ネットで検索すると、テッポウエビのプラズマ衝撃波に関する

情報がヒットした。

誰の能力が一番重宝するかな?などと考えながら観るのは面白かった。

 

 

 【映画ロケーション】

 

冒頭のロビンが襲われたシーン

閉園したシックス・フラッグス・ニューオリンズ内 池の側の観覧車が映っている。

 

ニュートのアパート

車が複数止まっている中央左側の建物で撮影されている。

グーグルマップで、建物近くの道から確認すると、映画で映っているイラストが

確認できる。

 

ロビンをおびき出すための、待ち合わせ場所のファーストフード。

より近づいてみると、映画でも映っていた奥のトイレが見える。

 

謎のバー 映画で看板がそのまま使用されている。