映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

アップグレード UPGRADE (2018)

アップグレード (字幕版)

コンピューターがさらに発達した近未来。

グレイ・トレイスは、妻アシャと自動運転車での移動中、システムエラーにより

突如車が暴走し、事故を起こす。

事故現場に突然現れた正体不明の男らに襲われ、目の前で妻が殺害される。

グレイは一命を取り留めるが、四肢が麻痺し、車椅子の生活に。

知り合いの科学者から実験段階の人工知能チップ“STEM”の被験者になれば

元通りに動けるようになると言われ、手術を受ける。

STEMの力で、人間離れした身体能力を身につけたグレイは、妻を殺した犯人らを

探し始める。

 

以下ネタバレあり

 

 

何だか最近、似たような作品ばかり観ている気がする。

最近観た「ブライトバーン 恐怖の拡散者」での、顎真っ二つシーンで凍り付いた

私は、この映画でも似たシーンを観た瞬間、一時停止。

1時間ほど間を開けた後、鑑賞を再開した。

顎真っ二つ、映画業界で流行っているのだろうか?

 

最初は、天才発明家のエロン・キーンが黒幕だろうと予想していたが

グレイのためとはいえ、エロン・キーンからの追跡をかわすために

ハッカーのもとに行かせるあたりから、STEMを怪しむようになっていった。

殺し方も残忍なのも気になっていた。

 

最終的に心を破壊し、グレイを幸せなバーチャル空間に閉じ込めることが目的だった

と知った時にはゾッとした。確かに人間の心までは操れないので、完全に乗っ取る

ためには、心を破壊しなければいけなかったのだろう。

今後、STEMは何をしていくつもりなのか?

まさか、世界征服とか?

 

 

【映画ロケーション】

 

舞台はアメリカの設定だが、撮影は監督の故郷であるメルボルンで行われたという。

 

エロン・キーンの家まで妻の車と2台で連なって走るシーンで、ボルト橋が

映っています。

オーストラリアは日本と同じ左側通行なので、映像加工しているようです。

 

 

刑事とグレイとの高速道路でのカーチェイスシーンは、オーストラリアの

クレイギーバーン・バイパスでの撮影。

Herald Sunのサイトで、撮影に関する記事がありました。

Lights, camera, action: Craigieburn bypass closes for filming

(映画のためグレイバーン・バイパスが通行止めに)

この記事によると、映画のタイトルは“STEM”と紹介されています。