映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ヴィランズ Villains (2019)

Villains [DVD]

 

ミッキーとジュールスの若いカップルは、軽いノリで強盗を繰り返していた。

ある日、逃走中にガス欠になってしまい、近くの家から自動車を盗もうと

近くの一軒家に忍び込む。

運良く家主は、留守。

ガソリンの缶がないかと地下室に行き、そこで、足かせをつけられた監禁されて

いる少女を発見してしまう。

 

以下ネタバレあり

 

 

 映画冒頭シーン

 

コメディースリラーということで、それほど血しぶきなど無さそうだと判断し

WOWOWで視聴。

悪役が、「バーン・ノーティス」のジェフリー・ドノヴァン

「クローザー」のキーラ・セジウィックの二人というのも面白そうだった。

 

 

映画「ドント・プリーズ」を前に観ていたので、展開が同じで二番煎じになって

しまったのが残念。

【ドント・プリーズ あらすじ】

街から出る資金が欲しかった若者たちは、地下に大金を隠し持っていると噂される

盲目の老人の家に忍び込む。しかし、老人は目が見えないが、超人的な聴覚を持つ

元軍人だった。

 

 

ヴィランズ」の家主は、サイコパスな人物。

強盗であるミッキーとジュールスと鉢合わせをしても、怯えや怒りの表情が

あまりなく、営業スマイルで話し出す様子が不気味だった。

「バーン・ノーティス」で、ピンチの場面でも余裕の笑顔で敵と対峙する

マイケル(ジェフリー・ドノヴァン)のシーンが浮かんできた。

妻のグロリアのほうは、陶器の赤ちゃんを自分の子と信じて育てていたり…。

こちらは、小林秀雄の「人形」という話を思い出していました。

 

純粋に相手を思いやっているバカップルと

夫にコントロールされながらも、愛し合っているサイコパス夫婦、

意外にも、ラストは女性キャストに感情移入し、切なくなりました。

 

ネット上では、評価は低いようですが、恐がりの私でも見ていられる、

メディスリラーなので、お気軽にどうぞ。

 

 

 インタビュー映像 監督2人とジェフリー・ドノヴァンの3人