映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ジョン・ウィック:パラベラム John Wick: Chapter 3 - Parabellum (2019)

ジョン・ウィック:パラベラム(字幕版)

コンチネンタル・ホテルで殺しを行ったジョン・ウィックは、掟に反したため

懸賞金1400万ドルをかけられ、世界中の殺し屋から命を狙われことになる。

ジョンは、育ての親のいるルスカ・ロマに助けを求める。

 

以下多少ネタバレあり

 

 

 

シリーズの3作目で、4作目と5作目が既に計画されているということもあり

中だるみ感が否めないが、ジョン・ウィックの生い立ちや、主席連合、

裁定人、誓印やロザリオ等の意味等、細かい設定が説明されている。

 

日本人の場合、苦笑いしてしまうのが、寿司屋を営んでいる殺し屋ゼロ。

母方の祖母が広島出身というマーク・ダカスコスが演じているのだが

案の定、色々ツッコミどころが。(にんじゃりばんばんって…)

アメリカ版「料理の鉄人」であるアイアン・シェフ・アメリカで、

⿅賀丈史主宰の甥という設定で"アメリカ美⾷アカデミー主宰"を演じており

アメリカ人にとっては、受け入れやすいキャスティングなのかもしれない。

猫好き設定なのが嬉しいところ。

 

タイトルのパラベラム、どんな意味かと検索をしてみたところ

ラテン語で「戦争の準備」を意味すると書かれていた。

映画等でもよく使われているドイツのルガーP08の別名としても有名だそう。

どちらにもかけたタイトルということなのだろう。

 

次回は、バワリー・キングらの協力を得て、主席連合に倍返ししていくという

展開になるのだろうか。

 

 

撮影裏話としてよく紹介されているのが、コンチネンタル・ホテル・モロッコ

支配人のソフィアを演じたハル・ベリーのトレーニングについて。

銃撃シーンや、ファイトシーンはもちろん、ドッグ・トレーニングも

何か月も前から準備していたという。

インタビューでは、どんなに準備をしても、キアヌには追い付けないと語っていた。

 

 

【映画ロケーション】

 

 NYコンチネンタルホテル: 住所 1 Wall Street Court, New York

 

 NY公共図書館 ジョンがロシア民話集の本の間に隠してあるものを探しに行く。

 

ジョンが馬に乗り、殺し屋たちから逃げるシーン。

 

タルコフスキー劇場:United Palace