映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クイーンズ・ギャンビット The Queen's Gambit (2020) #1 Openings

The Queen's Gambit: Now a Major Netflix Drama (English Edition)

Wikipediaよりあらすじ抜粋

米ソ冷戦時代、米国の孤児院に預けられたベス・ハーモンは、天才的なチェスの才能を開花させ、チェスタイトルの最高位であるグランドマスターを目指す。彼女は、薬物依存症やアルコール依存症に悩まされながらも男性が支配するチェス世界チャンピオンを目指し奮闘する。彼女の8歳から22歳までを描いた作品。

 

以下ネタバレあり

 

 

Queen's Gambit

原作は、ウォールター・テヴィスの同名小説。(1983年)

 

 

数学がずばぬけて得意だという設定の主人公。

母の本がちらっと映るシーンで表紙に

 

MONOMIAL REPRESENTATIONS AND SYMMETRIC PRESENTATIONS

BY

ALICE HARMON, PH.D.

DEPERTMENT OF MATHMATICS
CORNELL UNIVERSITY

 

と書かれているのを見た。

ベスの数学の才能は、母から譲り受けたものだとわかるシーンだ。

 

ベスが初めてチェスを知ったのは、孤児院で黒板消しの掃除のために

地下室に行った時にMr. Shaibelが1人でチェスをする姿を観た時。

興味津々のベスだが、最初は子供だと相手にされない。

仕方なく見て学んでいくベスに驚いたシャイベルが、チェスを教えていく。

 

教えた事をあっという間に吸収し、進化していくベス。

ついには、高校のチェスクラブの男子生徒全員を相手にあっという間に

打ち負かしてしまう。

 

 

チェスの天才的才能の持ち主なのはわかったが、孤児院で薬物依存にもなり

このことが、将来の天才の足をひっぱっていくことになるのだろうな…と

匂わせたまま、第一話は終わっていく。