映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

無垢なる証人 INNOCENT WITNESS 증인

無垢なる証人(字幕版)

信念を貫いて民主弁護士会で弁護をしてきた弁護士のスノ。

現実と向き合い、大手弁護士事務所で仕事を始め、出世のチャンスとして

ある殺人事件の弁護を任されることに。

唯一の目撃者が、現場の向かいに済んでいる自閉症の少女ジウ。

事件に関する証言を得るため、意思疎通の難しいジウと心を通わせようとするが…。

 

以下ネタバレあり

 

 

韓国の俳優で一番好きなのは、チョン・ウソンさん。

久々に主演作品を観て、ファンとしてとても楽しめた。

ウソンさんも歳を取ったなと…と感じたが、枯れ好きなので

このまま素敵に歳を重ねていってほしい。

 

作品としては予測通りの展開だが、民弁出身の正義感あふれる弁護士が

出世を棒にふっても、真実を突き止めていき、

正義はなされた…、というすっきりとした気持ちで観終えることが出来る。

 

 

主人公:スノ

・ 元民主弁護士会出身の弁護士(弱者の味方・正義感)

・年老いた父と二人暮らし

・独身(保証人になった父の借金⇒完済まで結婚出来ない)

・大学時代からのGF(シングルマザーで一人娘がいる 結婚を切り出せず)

・大手弁護士事務所へ転職(信念を貫くのを諦め、正義の人から俗物へ)

・大手弁護士事務所での出世のチャンス⇒正義と出世の天秤

 

他のキャストも丁寧に描かれており、映画の世界にすっと入りこめていく。

・唯一の目撃者で、自閉症スペクトラムの少女ジウ はもとより

自閉症の弟を持つ若き検事(善)

・涙で訴える容疑者(善に見えるが…)

・被害者の息子(被害者遺族だが…)

・少女の唯一の友達(善に見えるが…)

・大手弁護士事務所のボス(最初から悪)

・スノのGFの弁護士(善)

・スノの父(善 善すぎて結果スノを苦しませる)

 

自閉症のため、他人の細かな表情から相手の感情をくみ取ることが苦手なジウ。

作り笑いし陰で虐める友人、裏のある含み笑いの事件関係者等、

笑顔が映画のヒントとなり、裁判が進んでいく。

ジウが、スノに向かってたずねる「あなたは良い人ですか?」という問いに

観客側もドキッとさせられたと思う。

 

勧善懲悪の落ち着いた内容で、老若男女お勧めです。

 

 

 【映画ロケーション】

 

※情報取得は、namu.wikiより

 

 

 学校は、景福高校(男子校)で撮影されていた。

上記動画は、2016年が学生が作ったプロモーションビデオ。

映画で使われた校門など、映っています。

 

ジウの自宅 (学校とはだいぶ離れた場所でした!)

 

韓国のWikiによると、산북초등학교 200Mという看板が、映画の中では

양진초등학교 200M、と書き直されていた(CGか、貼り変えたのか?)と

書かれており、ロケ地と確認できました。

 

韓国Wikiなどに鍾路にある店と紹介されていました。

他の作品でも撮影に使われている店とのこと。