映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ハンドメイズ・テイル 侍女の物語 S3 #7 御目の前で The Handmaid's Tale Under His Eye

The Handmaid’s Tale: Season Three [DVD]

WOWOW公式サイトより抜粋

処刑の日、ジューンたちは赤い綱を持たされ、罪人たちの絞首刑の手伝いをさせられる。その後、食料品店でハンナの家の女中フランシスと会ったジューンはハンナの学校のことを聞き出す。ひとりで外出することができないジューンはローレンス司令官の妻エレノアを散歩に誘い出し、ハンナの学校へ向かう。一方、D.C.にいるセリーナ・ジョイは、ウィンズロウ夫人に勧められ、フレッドとD.C.で新たな家庭を築こうと思い始める。

 

以下ネタバレあり

 

 

【ドラマ ロケーション】

 

建物の外観は、こちらの豪邸。(カナダ・オンタリオ

 

 処刑の広場 トロント市庁舎前

 

 

 

以前もあっただろうか?

赤く染められた綱を持って、侍女たちが絞首刑の手伝いをさせらえることは?

恐がりの私は、観終えた後、体がフリーズしていた。

ああいう処刑方法、一体誰が考えるのだろう?

ほとんど、サイコパス

 

オブマシューの偏った考えが、妊娠によって変わっていくのかと思いきや

リディアおばに指示され、ジューンをスパイしていた。

その上、ジューンを処罰するのではなく、ジューンの協力者たちを処罰。

影響力、行動力のあるジューンを抑えることが目的なのだろうが

精神的に追い込むなあ。

 

というわけで、またもラストで怒り大爆発のジューン。

全ての怒りを生き抜くエネルギーに変えていくジューンが素晴らしい。

 

 

今回のポイント

・スパイだったオブマシュー

 ジューンの行動を見張り、彼女に関わった人物らをリディアおばへ

 報告していた。→ マーサ・フランシスが処刑される。

・エレノア

 ローレンス司令官の妻エレノア

 夫から外出を禁じられていたエレノアを、ジューンが外に連れ出す。

 娘に会う目的で連れ出したと告白するが、受け入れてもらえる。

 精神的な病のよう。

 優しすぎる性格ゆえに、ギレアドでの生活によって具合が悪くなったのか?

・フレッド&セリーナ

 新天地で新たな生活を、と勧められたセリーナ。

 セリーナは、自分の子供を取り戻せたらと願っているだけだが

 フレッドは、出世のためなのか、上司に逆らえないためか

 子供を政治の鍵に使おうとしていた。

 セリーナはそのことにいつか気づくのか?

 その時は、セリーナもさすがに心変わりするのか?

 

一気に観ると心が病みそうなドラマ。

いつまで続き、どう終わらせるのだろう。

ギレアドが崩壊することはあるのか?