映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

BULL ブル 法廷を操る男 S4 #8 危険な遊び Safe and Sound

Bull: Season Four [DVD]

WOWOW公式サイトより抜粋

両親の留守中、拳銃で遊んでいた13歳の少年チャーリーが兄テオを撃ち殺してしまう。父親のエリックとは大学時代からの知り合いだったブルは、チャーリーの罪を殺人から過失致死へと軽減させ、保護観察と社会奉仕活動で済むよう計らうが、弾が装填された銃を子どもの手の届く所に置いていたことが怠慢とされ、エリックが逮捕、起訴される。彼のコンサルと弁護を引き受けたブルたちだったが、公判中にある証拠が提出され……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

冒頭シーンで、どんな事件になるのか想像できたので、怖くて早送りして しまった。 クリミナル・マインドでも似たような事件があったので、予想出来て恐かったのだ。(シーズン4 灰色の陰 A Shade of Gray )

 

 

幼い兄弟間での不慮の事故として、判事は過失致死として扱い

保護観察と社会奉仕活動で済むことになり、一件落着と思いきや

父親の銃の管理に対しての怠慢が指摘され、父親が逮捕されてしまう。

 

ブルの職場でのシーン。

母親とブルたちチームでの話し合いの間、別室でマリッサと話すチャーリー。

「兄が亡くなり、父は刑務所。母は僕を嫌っている。」と話すチャーリーに

同情してしまうマリッサ。

 

証拠として、射撃場の防犯カメラの映像が検事側から提出される。

そこには、エリックと長男テオが店を出る様子が映っていた。

エリックが、自分の銃の確認をせず(銃に弾が残っていないか確認し

残っているものは、出る前に必ずはずさなければならない。)

電話をしたまま、テオと店を出ていた。

ショックで妻が出て行ってしまい、エリックに不利な展開になっていく。

 

その後、現場で対応した警察官が証言台に。

彼女は、両親のうろたえぶりを証言し、陪審の涙を誘う。

ブルは、この様子を見て、あることを考え出す。

次男のチャーリーの感情的な様子が見られないことがひっかかり

チャーリーが警察に電話をした時の録音を聞き、確信する。

 

翌朝早く、チャーリーだけ呼び出すブル。

チャーリーにいくつか質問し、最後にブルが大あくびする。

 

チャーリーを返した後、ブルはチームに

彼は、社会病質者で、彼が兄を殺したと説明する。

警察へ通報した際、あまり慌てる様子がなく、兄は死んだと説明していた。

身近な家族等が事故死した場合、たとえ亡くなったように見えても、

助けて欲しいと訴えるのが普通で、死んだと言うことは滅多にないと説明。

大あくびの後、つられてあくびをしない人は、共感性がない人物だと

判断出来、チャーリーはあくびをしなかったと説明する。

 

チャーリーに関して、チームが調査を始めると、恐ろしい結果に…。

チャーリーのノートには、父親の金庫を開けるために、可能性ある番号を

順番に試している記録が書かれていた。

6000番台であきらめた彼は、別の方法で金庫を開けることを画策していた。

そして、兄を誘い、言葉巧みに金庫を開けさせていった。

ネット上でも、兄に対する憎悪や、殺害方法、銃の使い方などを

検索していたことが判明する。

そして、両親がいない日を狙い、金庫をあけさせ、兄が見ていない隙に

弾を込め、兄に発砲したのだった。

 

両親に説明しても、今まで育ててきた、たった13歳の息子が社会病質者とは

思えず、さらに長男が亡くなった今、次男までも失いたくないという気持ち

から、ブルたちの話を拒絶し、立ち去ってしまう。

 

そこでブルは、チャーリーにオランダで開発された新しい技術を使えば、

兄を殺した銃に誰が弾を込めたのかわかると嘘をつく。

今、スタッフが証拠の薬莢を持ってオランダに向かっていると説明すると

チャーリーは、ブルに告白を始める。

 

判事と検事、ブルとベニーの4人で話し合うことに。

チャーリーは、ブルに、故意に兄を殺害したことを認めたことを説明。

兄が部屋から出ている間、自ら弾を込め、兄の頭を撃ち抜いていた。

検事は証拠にならないと言うが、チャーリーは検察の第一証人で

偽証をしたとみなされ、ブルへの告白は証拠となる。

 

判事とベニーは、法廷へ行き、エリックの訴えを棄却し、陪審を解散させる。

検事は、チャーリーを偽証罪と殺人で起訴し、拘束するため

ブルと共に、廊下にいるチャーリーと両親のもとへ向かう。

 

ブルは、チャーリーの両親は一度もブルと目を合わさなかったと、帰りの車で

ベニーに話す。

~おわり~

 

 

恐ろしい事件だった。

同じ親として、同じ立場になったら、どう生きて行けばよいのか

途方に暮れてしまいそうだ。

次男には、精神鑑定をさせ、病院へ入れてしまうのか?

 

出所後、もしくは、退院後、次男と一緒に暮らしていこうと思えるのか?

今後の裁判では、ブルのチームが探し出したような、酷い証拠が次々に

出てくるはずだ。

ドラマとはいえ、もやもやが残る事件だった。

 

あくびは、案の定、つられました。HSPなので。