映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

カリフォルニア・クリスマス  A California Christmas (2020)

資産家の息子で遊び人のジョセフは、母親からクリスマスまでに、頑固な

女性牧場主を説得し、彼女の土地を買収しなければ会社から追い出すと言われ

彼女に雇われたマニーのフリをして、牧場で働きだす。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

ベタ中のベタなラブコメ作品。 タイトルにクリスマスは付くが

典型的なキラキラするクリスマスの風景は無い。

ラストでようやくクリスマスパーティーとはなるが、

最初から最後まで、牧場の風景が続く。

一応、悪役は登場するが、思ったほど悪い奴ではなく、諦めも早い。

 

 

Netflix作品の『ROPED』(2019)でも共演している主人公のJosh Swickardと

Lauren Swickard。

 

名前からもわかるかと思いますが、実は…

 

 

 実生活でも夫婦。

『ROPED』の共演ががきっかけだそう。

 

 

 結婚後のツイート。

共演二作目(この作品)について話しています。

 

 

(ストーリー)

主人公:資産家の放蕩息子

女性と長続きせず、仕事も身に入らない。

母に、女ったらしの能力を、女性牧場主を口説くために使え!と命令され

クリスマスまでに契約してこなければ、クビだと言われる。

ヒロイン:牧場主の美女

父と恋人を亡くし、母は重い病に苦しんでいる。幼い妹が1人。

父の農場を引き継ぎ、1人で頑張っているが、経営難のため

母親の高額な医療費が払えず、土地を手放すギリギリの状況。

恋人の友人だった男性に、言い寄られて困っている。

 

当然、主人公とヒロインが恋に落ち、主人公がヒロインの窮地を救い

めでたしめでたしというありがちな展開。

 

主人公を助けるキャラとして、執事のレオと、農夫マニーが

良い味を出している。

レオは、農場近くの一軒家を借り、マニーと共に

優雅にワインを飲みながら、主人公を手助けしていく。

※ネタバレ この二人のワイン好きが、ヒロインを救うキーとなる。

 

ラストはもちろんハッピーエンド。

タイトルになっているクリスマス感は、全体通して5%ぐらいか?

 

 

【映画ロケーション】 

撮影は、カリフォルニア州ペタルーマ。

エグゼクティブ・プロデューサーで、レオ役で出演したアリ・アフシャールの

子供時代の家で撮影されたという。

 

映画冒頭、EXS Entertainmentという社名と共にアリ・アフシャールの名の

ロゴがバーンと表示されるので、いったい何者?と思って検索したところ

実は凄い人だと知り、映画よりもまず彼の人生に興味を持ってしまった。

 

俳優業としては、脇役中心の活動だが

子供の頃から、多方面で活躍する多才な人物だった。

EXSというのは、レーシングチームのEasy Street Motorsportsの略で

アリ・アフシャールが創設者。

2001~2007年は、アメリカのスバルと契約し、活躍していたという。

 

2006年と2007年にはNHRAで優勝。

ウィキペディアによると、”(NHRAは)日本ではほとんど知られておらず

報道・放送も皆無だが、アメリカではインディカーF1世界選手権並の

人気を誇る”と書かれている。

 

大学時代に俳優を目指しはじめ、モータースポーツと俳優という

二足の草鞋で活躍しながら、最終的にプロデュース業に発展していったようだ。

車のCM撮影なども手掛けているという。

 

車以外にレスリング映画にも出演(プロデュースも)しており

何故だろう?と思ったら、学生時代レスリング選手としても活躍していた

ということがわかった。運動神経抜群なのだろう。

 

今後は、彼が関わった映画やドラマ等、注目していきたいと思う。