映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ザ・キッチン THE KITCHEN  (2019)

 

ザ・キッチン(字幕版)

1978年のニューヨーク、ヘルズ・キッチン。

この地区は、アイルランド系マフィアによって支配されていた。

キャシー・ブレナン、ルビー・オキャル、クレア・ウォルシュの3人は、

マフィアのメンバーと結婚していたが、ある夜、夫らがFBIに逮捕されてしまう。

3人は、生活費に困り、夫の仕事であるマフィアの商売を引き継ぐことを決める。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 原作 DCコミック『THE KITCHEN』

(作者:オリー・マスターズ 絵:ミン・ドイル 着色:Jordie Bellaire)

ヘルズ・キッチンを支配しているのは、イタリア系マフィアの仕事を

引き受ける、アイルランド系ギャング。

ギャング3人が刑務所に入れられ、生活に困った彼らの妻たちは

簡単にお金が手に入るギャングの世界に足を踏み入れていく。

絵をネット上でいくつか見たが、映画より年齢が若い設定のように思えた。

 

 

 

 アイルランド系マフィアの殺し屋ガブリエル・オマリーを演じたのは、

ハリーポッターシリーズで、ビル・ウィーズリー役で有名なドーナル・グリーソン。

彼が淡々と、死体処理方法を教えていくシーンが強烈でした。

キャシーとルビーは耐えられずにバスルームを出ていくが、クレアは

挑戦しようとナイフを手にする。強い女の役がはまるエリザベス・モス。

クレアとガブリエルは、次第に愛し合うようになっていく。

最後には、クレアがDV夫を殺害し、1人で彼の死体を海に流すまでに。

 

DV夫をクレアが殺害するのはわかるけれど

まさかキャシーまでもが夫ジミーを殺すことになるとは!

あんなに愛し合っていた夫婦なのに、まさかの展開。

葬儀の後、キャシーの父が何か言うのかとハラハラしましたが

意外にも「殺して正解!」と賛同するとは。

 

どんでん返しなシーンもいくつかあり、アッと言うまに観終えました。

あまり評価されていないようですが、生き抜くために女性が立ち上がって

いく作品は好きなので、個人的にはとても楽しめました。