映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

アロハ ALOHA (2015)

アロハ (字幕版)

主人公は、軍事コンサルタントのブライアン・ギルクレスト。

大富豪カーソン・ウェルチの軍事衛星の打ち上げ計画を手伝うために

かつて赴任したハワイへやってくる。

空港では、元恋人のトレイシー・ウッドサイドと再会を果たすが、彼女は

空軍パイロットと結婚し、二児の母として幸せに暮らしていた。

ブライアンと空軍との橋渡し役として、女性パイロットのアリソン・インが

ブライアンと同行することに。

最初は、アリソンを煙たがっていたブライアンだが、次第に2人は惹かれ合っていく。

 

以下感想など

 

 

 

ハワイが舞台の作品が観たいなと、チョイスしました。

最近、映画の内容よりロケ地中心で、鑑賞作品を選んでいます。

昔のようにハワイに行けるようになるのは、いったい何年かかるのでしょうか?

 

 

【映画ロケーション】

 

映画の大半は、軍事基地であるヒッカム・フィールド内での撮影。

 

ウッドサイド家が住む家は、1916年に海軍の住宅として建てられた

Fort Kamehamehaにある家のひとつ。

すぐ近くにあるホノルル空港(現ダニエルKイノウエ国際空港)への離着陸の増加、

危険(事故等)を考え、現在は全て空き家。映画のためにリフォームしたようだ。

 

ブライアンらが宿泊したホテル:ブレーカーズ・ホテル

 和風テイストのこじんまりとしたホテルのよう。

 

 

 

アリソン・インが一緒に演奏していたのは、ハワイアン・ミュージック界の

レジェンドであるLEDWARD KAAPANA & MIKE KAAWA。

Waimanalo Blues

リゾート開発を進めるハワイのプロテストソングとして作られた。

ワイマナロは、先住民の居住区域で、観光地化されなかった場所としても有名。

意味がわかると、彼女が何故あそこで聴きたいと言ったのか納得できる。

 

 

酷評されているこの作品。

一番は、ハワイなのに大半が白人のキャスト、という問題点。

確かに、エマ・ストーンの役ぐらいは、ハワイ出身の俳優で

よかったのではないか?と思いました。

不思議なのは、B級感あふれる作品に

ビル・マーレイアレック・ボールドウィン等の大御所が脇役で

出演していること。

勝手な想像だが、皆、”ハワイでの撮影”に惹かれて出演OKしたのでは?

 

 

ブラッドリー・クーパーのビーチでの水着姿がパパラッチされたり

ウッディ役のジョン・クラシンスキーの妻である、エミリー・ブラント

ハワイに来ていたり。

ビル・マーレイがワイキキビーチではしゃいでいる写真も多数発見。

キャストも製作側も浮かれすぎてのあの仕上がりだったのかも。

 

 

トレイシーの息子や、アリソン・インがハワイの精霊に関する

話をするのだが、あまり伝わってこないのが残念。

下調べしてから観てみると、色々なことが繋がっている内容になっている

可能性があるのかも。

 

 

気晴らしにハワイで撮影された映画を気楽に観たいと言う方にお勧め。

 

 

 そんなに酷評しないであげてね!