映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

9人の翻訳家 囚われたベストセラー Les Traducteurs The Translators (2019)

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(字幕版)

フランスの人里離れた場所にある洋館。

世界的なベストセラー小説の「デダリュス」の完結編を世界同時出版するため

出版社オーナーのアングストロームによって集められた9か国の翻訳家たち。

洋館の地下に作られた、豪華ではあるが、要塞のような密室に閉じ込められ、

外出もインターネットも禁止され、毎日20ページずつだけ渡される原稿を

翻訳していくよう命じられる。

初日の夜、アングストローム宛てにメールが届き、「冒頭の10ページをネットに

公開した。24時間以内に500万ユーロを払わなければ、次の100ページも

公開する。要求を拒めば、全ページをネット流出させる。」と脅迫される。

 

以下ネタバレあり

 

 

インフェルノ(上) (角川文庫)

トム・ハンクス主演で映画化された(「ダヴィンチ・コード」等)ダン・ブラウン

人気小説”ロバート・ラングドン”シリーズの4作目である「インフェルノ」の

出版時に、海賊版ハッカー対策として行われた逸話を基に作られた作品。

ダン・ブラウンの同意のもと、翻訳家らを地下室に隔離して、翻訳させたという。

 

プリテンダー~仮面の逃亡者~(1)【日本語吹替版】 [VHS]

ドはまりしたドラマ「ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者」のシドニー役の

Patrick Bauchauが「デダリュス」の著者という設定のため

何かひとひねりあるのだろうと、怪しみながら観始めた。

彼が指導する“プリテンダー”が9人の中にいるのでは?などと、想像してみたり。

 

ところが、ひとひねりどころか、まんまと騙されて驚かされてしまった。

 

 

【映画ロケーション】

 

 

フォンテーヌ書店の内部の撮影:書店Liragif(フランス)

  

フランクフルト ブックフェア外観 Messe Frankfurt

 

ロンドン警察外観 (アレックスとアングストロームが会った場所)

 

アレックス・グッドマンのロンドンの家の外観(住んでいる形跡がない)

 

フランスのメトロのビラケム駅で、アレックスが乗り込み、

ねずみを放して大騒ぎの中、スーツケースをすり替え

アングストロームが次の駅のパッシー駅で降りる、というシーン。

その間にメトロはセーヌ川を渡っている。

 

 

※以下ネタバレ

 

 

(実際の流れ)

 

(ベストセラーの誕生)

アレックス・グッドマンは、少年時代からフォンティーヌ書店に通い、

店主であるジョルジュ・フォンテーヌを師と仰いでいた。

成長したアレックスが書いた「デダリュス」を読んだジョルジュは、

世に出すべきだと出版を勧めるが、アレックスはジョルジュが書いた事にして

欲しいと頼み、ジョルジュは懇意にしていたエリック・アングストロームに連絡し

オスカル・ブラックというペンネームで出版、大ベストセラーとなる。

 

(ジョルジュ殺害) 

出版社のオーナーであるアングストロームは、「デタリュス」三部作の完結編の

世界同時出版を大々的に発表。

新作の内容が流出しないよう、地下室で翻訳家らに翻訳させると、ジョルジュに

説明に行く。

ジョルジュは、アングストロームに、”金儲けに走る君とは、独占契約はしない。

翻訳家を地下に押し込めるなど人権侵害だ!”と怒りだす。

アングストロームは、階段を降りようとするジョルジュを突き飛ばし殺害、

フォンテーヌ書店に火をつけ、新作の原稿を奪い、逃走。

 

(映画には無いシーン)

アレックスは、ジョルジュが亡くなったことを知り、アングストローム

彼を殺したと確信し、復讐のために計画を立てる。

 

(英語版翻訳に抜擢)

アレックスは、「デタリュス」の海賊版の人気翻訳家となり

アングストロームと会うことに成功。

警察署で、アングストロームに会った際、発売前の完結編の出だしがわかると言い、

(当然作者本人なので)冒頭の内容を当て、アングストロームを驚かせ

公式の英語担当の翻訳者に選ばれることになる。

 

(原稿のコピー)

アレックスは、事前にチェン、ハビエル、イングリット、テルマの翻訳家4人に

声をかけ、アングストロームが肌身離さず持っている「デタリュス」完結編の

原稿をコピペするという計画に、協力してほしいと説得する。

(札束が映るシーンあり。=高額報酬?)

※実は、彼らには伝えていないが、アレックスはそもそもアングストローム

スーツケースを取り換えたフリをしただけで、自分が用意した、自分の原稿を

コピペしただけ。

 

 (メール自動配信準備)

翻訳作業でネット接続が出来ない地下へ行くため、アングストローム宛ての

メールの自動配信、新作のネット流出の準備をする。

 

(翻訳スタート) 

初日、9か国の翻訳家を要塞のような地下室に集め、翻訳がスタートする。

チェン、ハビエル、イングリット、テルマは、事前の打ち合わせ通りのセリフを

語っていく。

時間になり、アングストローム宛ての脅迫メールが届き、翻訳家らが話した

内容(セリフ)も書かれていたことから、

翻訳家9人のうちの誰かが、犯人では?とアングストロームが疑い出す。

 

(エレーヌ)

家族との関係、翻訳家同士で語る中での自分の想像力の無さ、

アングストロームからの指示に背き小説を書いていたことがばれ

作品を酷評され、原稿を燃やされたこと等から追い詰められ、首つり自殺する。

(緊迫感が増し、アングストロームの冷酷さが際立つ。)

 

(反逆)

エレーヌの自殺を警察に知らせないアングストローム

脅迫は続き、ついに翻訳家らに銃を向けてくる。

アレックスが、遠隔操作でメールを送っていると白状し

翻訳者8人は、アングストロームを取り押さえようとするが

アングストロームは、ロシア語担当のカテリーナ・アニシノバを撃ってしまう。

 

(アングストローム逮捕)

カテリーナは、腹部を撃たれ倒れるが、それでも救急車を呼ばない

アングストローム

エリックは、遠隔操作のPCがある隠れ家へ行くよう伝え、入口の暗証番号も伝える。

アングストロームの部下のローズマリーが、エリックの隠れ家に到着するが

アングストロームからなじられている自分の姿が映った写真を見つけ

反旗を翻し、パソコンを止めずに、その場を立ち去る。

アングストロームは、指示された口座(実は自分の口座)に8000ユーロを入金。

その後、アングストロームはアレックスも撃ち、警備員たちに銃を向けられ

殺人未遂の罪で逮捕される。(逮捕シーンは無し)

アレックスは、服の下に隠していた本で弾が止まり無事だったが、

カテリーナは意識不明で入院。

 

(刑務所)

アングストロームに面会するアレックス。

「完結編の冒頭をどうやって知った」と聞かれ、アレックスは彼の胸元にある

盗聴器を手で押さえ、自分が「デタリュス」の作者であると伝える。

アングストロームは「オスカル・ブラックは殺した!」と思わず叫び

ジョルジュ殺害を自白してしまう。

カッとなったアングストロームが、アレックスの首を絞めるが、

すぐに取り押さえられアレックスは、ジョルジュの仇を討つ。

~おわり~

 

 

 

 閉じ込められた要塞のような地下室、後半の緊迫した状況、

ラストの刑務所での対決等、観ている側もぐっと体に力が入っていく展開。

冒頭の炎が何を意味していたのかがわかった瞬間と、頭の中で

ぐるぐると時系列順にストーリーを思い返していた。

 

10点満点中、9.5点。