映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

エクストリーム・ジョブ 극한직업 Extreme Job (2019)

エクストリーム・ジョブ(字幕版)

班長率いる麻薬捜査班は、成績が悪く解体寸前のチーム。

ある日、麻薬密輸に関する捜査として、コ班長は、部下4人と共に

犯罪組職のアジトの前にあるフライドチキン屋で組織の動きを監視していた。

しかし、その店のオーナーから店を売りに出すと言われ、潜伏先として

ぴったりの店を存続させるために、班長は妻に内緒で退職金を前借し、

その店を買い取り部下達とフライドチキンの店を始めることに。

料理の腕が抜群のマ刑事のおかげで、チキン屋は大繁盛してしまう。

 

以下、ネタバレあり

 

 

【映画ロケーション】

 

 フライドチキン店 韓国・仁川

 

 犯罪組織のアジト

 

 

 

(ストーリー)

 

落ちこぼれチーム

出世街道から外れたコ班長(リーダー)が率いる麻薬捜査班。

このままでは、チームは解散…というギリギリな設定。

班長のライバルである同僚から、捜査協力の依頼を受け

ある組織のアジトを見張ることになるが、周囲にこっそりと見張る場所がないため

仕方なく向かいのフライドチキン店で張り込みをすることに。

 

フライドチキン店

しかし、フライドチキン店が閉店になると聞かされ、コ班長は思い切って

退職金を前借し、店を買い取ることに。

プロ並みの腕を持つマ刑事の作るフライドチキンが評判を呼び、店は大繁盛。

班長の妻は、出世街道から外れた夫に日々文句を言っていたが

帰宅した夫から、ブランド品のバッグと大金を渡されビックリ!

 

退職金をかけた計画

チーム全員が署の上司から呼び出されている途中、

犯罪組織のアジトから、ついにフライドチキンの注文が入り、慌てて店へ戻り

一斉突入…となるが、アジトは空になっており、新しい入居者が引っ越して

きていた。

犯罪組織の一団は、署に呼び出されている間に引っ越していたのだった。

千載一遇のチャンスを逃し、ショックを受けるコ班長

 

追い打ちのスキャンダル

その上、取材を断ったTV局に逆恨みされ、店に関するスキャンダルが

報道されたことで客足が遠のき、引退後の退職先としてのフライドチキン店の

存続も危ぶまれてしまう。

 

フランチャイズ

あるビジネスマンが、閑古鳥の鳴く店に現れ、フライドチキン店の

フランチャイズ化を提案。

商売は順調に行き、店舗数も増えていくが、何故か店や店員の評判が悪く

指導のために、メンバーをフランチャイズ店に送り込む。

 

麻薬の偽装配達

フライドチキンを注文した客らが、食べずに捨てていることに気づき

インターネット業者を装い、よく注文する客の家へ潜入。

そこで、チキンの配達に見せ、麻薬が配達されていることに気づく。

マ刑事は、犯罪組織のメンバーである店員らに素性がばれ、監禁されてしまう。

 

犯罪組織からの脅迫

縛られたマ刑事の映像が、犯罪組織から送られ、脅迫を受けるチーム。

救出したいが、居場所がわからない。

ところが、マ刑事の恋人のチャン刑事が、こっそり彼にGPSをつけていたことで

居場所がすぐ判明。

 

取引現場

マ刑事は、自分で窮地を脱し、犯罪組織を追うことに。

二つの国際犯罪組織が取引する現場には、組織のメンバーが大勢おり

たった5人のコ班長のチームには太刀打ちできないように思えたが…。

 

 

真の実力

班長からの応援要請を受け、慌てて現場へ向かうチェ課長。

部下から、たった5人で立ち向かうコ班長の麻薬捜査班は全員殺されて

しまうのではと言われ、チェ課長は5人の素性を初めて明かす。

・柔道のチャンピオンのマ刑事

・元海軍特殊部隊出身のヨンホ刑事

・体育会系出身の打たれ強いジェフン

ムエタイチャンピオンのチャン刑事

・そして…ゾンビと呼ばれる、不死身の男、コ班長

 

ラスト

チェ課長らが到着する前に5人で、何十人もの組織のメンバーをぶちのめし

一網打尽に。

5人の特別昇進任命式のシーン。

(解散寸前のチームだったが、全員見事に出世したようだ。)

~fin~

 

 

出世街道から外れ、家では妻にののしられ、困り顔が似合うコ班長

実は、ダイ・ハードジョン・マクレーンのような“死なない男”だった。

20年間凶悪犯を負い、12回刺されるも、死ななかったので

“ゾンビ”というあだ名がついていたことが、ラストで紹介される。

映画冒頭のあのドタバタなシーンを観たことで、すっかり騙されていたと

気付かされた。

船のシーンはまさにダイ・ハード風。

殺されても死なない男に追われたら、もう、観念するしかない。

 

まさに痛快アクションコメディ。

ハリウッドでのリメイクも決定しているそう。

キャスティングが気になるところ。

 

久々に爽快な気分で観終えた。9/10点