映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて Fisherman's Friends (2019)

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて [DVD]

イギリス南西部コーンウォールの港町ポート・アイザックに実在する漁師バンドの

実話を映画化した作品。

ポート・アイザックに旅行で訪れた音楽業界でマネージャーとして働くダニー

・アンダーソンは漁師たちのバンド「フィッシャーマンズ・フレンズ」のライブを

偶然見かけ、上司から(冗談で)彼らとの契約を命じられ、漁師らを説得に回る。

よそ者として、漁師らはダニーに冷たく当たるが、彼の情熱に、頑なな気持ちが

揺らいでいく。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

こういうの待ってました!

 

Way hay and up she rises
Way hay and up she rises
Way hay and up she rises
Early in the morning!

 

 

イギリス南西部コーンウォールの港町ポート・アイザックに実在する漁師バンド

“Fisherman's Friends”を描いた作品。

レコード会社と100万ポンドの契約を交わし、デビューアルバムが全英トップ10

入りを果たすまでが描かれている。

映画には、実際のメンバーもどこかに出演しています。(探してみて!)

 

ギルフォードでの事故

2013年2月9日でのライブ会場で、ショーの準備中に重いスチール製のドアが落下。

ツアーマネージャーのPaul McMullenとバンドメンバーのTrevor Grillsが亡くなる

という悲劇が。

 

 

【映画ロケーション】

 

トリビア情報

ポート・アイザックのピザ店The Angry Anchovyの前にオーウェンの赤い

シトロエンが停まっているのが確認できます。

 

ポート・アイザック

 

 フィッシャーマン㈲:映画もそのまま

 

 The Golden Lion

 

ジムの娘オーウェンが経営するB&B

建物の横にある通用口をノックし、ダニーが泊めて欲しいと頼む。

 

 ロンドンへ行き、メンバー同士でおんぶしながら走るシーン:チャンス・ストリート

 

 Drunken Sailorを大合唱するパブ:実際はレンタルスペース

 

 

(実際のバンドの成り立ち)

ポート・アイザックの現役漁師らが歌うコーラスバンド。

伝統的な舟歌がメインだが、民謡やコミカルな歌も歌われている。

現メンバー:

JON CLEAVE, JASON NICHOLAS, JEREMY BROWN, JOHN BROWN,

JOHN LETHBRIDGE, JOHN MCDONELL, TOBY LOBBの7名。

(2021年1月、最高齢のバンドメンバー、PETER ROWE氏がお亡くなりに。)

初期メンバーの多くは、ポート・アイザック港から半マイル以内に育った地元民。

メンバーは主に、漁師や湾岸警備隊、救命ボート操縦士等の仕事等を行っている。

2009年、BBCラジオのプレゼンター として有名なジョニー・ウォーカー

マネージャーのイアン・ブラウンがポートアイザックに旅行したことがきっかけ。

翌年の2010年、ユニバーサルミュージックと約100万ポンドのレコーディング契約を

結び、ファーストアルバム「Port Isaac’s Fisherman’s Friends」が全英チャートで

トップ10入りを果たす。

 

 

映画で一番の盛り上がりをみせるのは、やはりロンドンのバーで

Drunken Sailorを大合唱するシーン。

Youtubeに日本語訳付きのものがあったので、紹介させていただきます。

19世紀初頭orそれ以前に作られたといわれている労働歌で、帆船の船乗りたちが

ロープを一列になって運ぶ時に歌われたと言われています。

1900年代には、英イートン校のグリークラブでの定番合唱曲となっていたと

英語版wikipediaに書かれていました。

イギリスでは、男性合唱の定番曲のようです。

 

 

実話としても面白いのだが、映画としても完成度が高い。

コメディ作品だが、代々地元で引き継がれていた漁師たちの団結力、

登場人物らの男気なども丁寧に描かれ、文句のつけようがない。

10/10点の満点。

観る人をハッピーにしてくれる作品。

お勧めします!