映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

バッド・スパイ The Spy Who Dumped Me (2018)

バッド・スパイ(字幕版)

ロサンゼルスに住むオードリーは、誕生日に恋人ドリューから突然メールで別れを

告げられ落ち込んでいた。親友モーガンは、ドリューを励まそうと誕生日

パーティーをひらくが、オードリーは気分が上がらず。

その後、オードリーは、仕事中に店に来た客に連れ去られ、ドリューが実はCIAの

スパイだと聞かされる。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【映画ロケーション】 

 

ドリューから「ウィーンに行き、カフェ・シーラでヴァーンという人物に会え。」と

頼まれ、オードリーとモーガンが車を走らせるシーン。

:ロス・サンセットブルーバード

 

ウイーンに到着した2人が呆然と見上げるシーン:スペイン乗馬学校

カール6世によって建てられたバロック様式の建物

 

 

ウイーンで銃撃戦に巻き込まれ、上品な老夫婦からジャガーを奪うシーン。

紳士役はÁron László、夫人役にはÁgi Bánfalvy。2人ともハンガリーの俳優。

ヨーロッパのほとんどのシーンは、ブタペストでの撮影だった。

 

 

 図書館のシーン(エドワード・スノーデンに電話をするシーン)

ブタペスト工科大学の図書館

 

 

最後の日本のシーンは失笑。

日本食ギャグを考えてくれてありがとう。

ゲーム画面や夜景の看板、カラオケのロゴなど、日本らしくなさ満載で

面白かった。

 

 

 

(ネタバレあらすじ)

 

オードリーは、私物を置いたまま連絡が取れなくなった恋人のドリューから

メールで別れを告げられ、落ち込んでいた。

親友のモーガンは、彼女を励まそうとするが、オードリーは彼への思いが

吹っ切れずにいた。

 

その後、仕事中にオードリーはイケメン客から誘われ、彼の車までついていき

そのまま連れ去られてしまう。

イケメンの名はセバスチャンといい、CIAの職員だった。

彼から、ドリューがCIAのスパイで、現在行方不明だと聞かされる。

ドリューに関する情報を聞かれるが、彼女は何も知らなかった。

 

オードリーは、あわてて自宅へ戻り、親友のモーガンに説明しようとするが

同時にドリューも突然現れる。

直後、部屋が銃撃され、オードリーは、撃たれたドリューから

ウィーンへ行き、自分のトロフィーを協力者に渡すように頼まれる。

その後、モーガンが連れ込んでいた男がドリューを殺害。

怒ったモーガンは男をバルコニーから突き落とす。

 

突然、陰謀に巻き込まれたオードリーとモーガン

とりあえずトロフィーを持ってウィーンへ向かう。

待ち合わせ場所のカフェに現れたのは、あのCIAのセバスチャン。

セバスチャンを怪しんだオードリーが、トロフィーを出し渋っていると

そこにまた殺し屋が現れ、銃撃戦になる。

 

2人は、なんとかカフェから逃げ出し、モーガンの両親からの協力で

プラハにあるロジャーという男性の家でかくまってもらうことになる。

プラハ行きの車内で、トロフィーに隠されたUSBを発見!)

ロジャー宅で夕食をふるまわれるが、なんとロジャー本人は既に殺されており

2人はロジャーになりすましたスパイに薬を盛られていた。

 

USBのありかを聞かれ、とっさにトイレに流したと答えたオードリー。

一味は、2人を連れ去り、縛り上げて拷問しようとするが、

助けに現れたセバスチャンによって一命を取り留める。

セバスチャンに連れられパリに来た2人は、彼の上官に会い、

同じようにトイレに流したと説明。

2人は、無事帰国できることになる。

 

しかし、空港に向かう途中、オードリーはセバスチャンに自分の膣の中に

隠していたと明かし、車内で取り出す。

3人は、独自で調べようと、USBの中身を確認することに。

 

モーガンが、元カレ?のエドワード・スノーデンの協力で暗号解読!)

世界中の様々な情報にアクセス出来るバックドアが入っていた。

  

3人がアムステルダムの安宿に宿泊していると、セバスチャンの同僚に

突然襲われるが、同室のバックパッカーに救われる。

同僚は、犯罪組織にUSBメモリーを売って大儲けしようとしていた。

彼のスマホを使い、犯罪組織に接触

ベルリンで行われるパーティーで会うことになるが、現れたのは死んだはずの

ドリューだった。

 

ドリューは、セバスチャンが本当の裏切り者だとオードリーを説得しようと

するが、オードリーはセバスチャンが悪人とは思えず躊躇していると

ドリューが彼を撃ち、オードリーもドリューに襲われ、絶体絶命に。

そこへ、殺し屋をやっつけたモーガンが、今度はドリューめがけて砲丸を投げ

彼を倒し、事件は解決する。

撃たれたセバスチャンは、防弾ベストのおかげで、肋骨を折っただけで済んだ。

(セバスチャンとオードリーのキスシーン)

モーガン、セバスチャンの上官にスパイになりたいと懇願。)

 

 

1年後のオードリーの誕生日。

東京のとあるバーの誕生日を祝うが、実は2人はセバスチャンとともにスパイ

として活動していた。~終~

 

 

 

残虐なシーンな苦手な私でも楽しめるコメディ・アクション作品。

指紋認証のために指を切り落とすシーンは、早送りしてしまいましたが

後はそれほど嫌な思いはしませんでした。

 

オードリーとモーガンの固い絆も良く描かれていた。

B級作品かな?と侮っていたが、意外にも楽しめた。

カーチェイスシーンもなかなか。

 

個人的には、CIAの上官が、X-Fileのスカリーこと、ジリアン・アンダーソン

だったのが嬉しかった。

 

モーガンがかなり下品な発言をします。(USBを隠す場所もあれですし。)

小学生以下のお子様は観ないほうが良いかも。

 

7.5/10点 もう少しロケ地探しが楽しめたらよかった!?