映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

キューティー・バニー The House Bunny (2008)

キューティ・バニー (字幕版)

プレイメイトシェリーは、プレイボーイ・マンションで、27歳の誕生パーティー

を祝ってもらった翌朝、ライバルから渡されたヘフナーからの偽の手紙にショックを

受け、マンションを去る。

行くあてもなかったシェリーは、住む場所と仕事、両方にありつける大学の寮の

”寮母”の職を得ることに。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

主演で、製作総指揮でもあるアンナ・ファリスが、プレイメイト(プレイボーイ・

バニー)が、プレイボーイ・マンションを去ることになったらどうなるのか?

と考え、映画のアイデアが浮かんだと言われているが

邦題からもわかるように、2001年の『キューティ・ブロンド』(Legally Blonde)

の二番煎じ感、B級感が否めない。

しかし、変身願望ある女子ならば楽しめるはず!

 

 

意外な出演者が多い作品で、エマ・ストーンが演じるナタリーが恋する

コルビー役には、The All-American Rejectsリードボーカル

タイソン・リッターが。

彼の出演シーンには、The All-American Rejectsの曲が流れていました。

 (映画内では、The House Bunnyバージョンが使われているとのこと。)

 

 

アメリカン・アイドルファンの私は、ハーモニー役でキャサリンマクフィーが

出演していたことを知り喜んでいました。

カラオケシーンでの、音痴の設定も故意でしょう。

キャサリンは、アメ・アイのシーズン5で準優勝しています。

現在の夫は、なんとデヴィッド・フォスター

歌姫ならではの夫選び、という気がしますが、デヴィッド・フォスターというと

輝かしい名曲よりも、ついつい元妻リンダ・トンプソンの連れ子のバカ息子たちの

リアリティショー“The Princes of Malibu”を思い出してしまいます。

 

 

【映画ロケーション】

 

プレイメイト・マンション(空撮)

映画にも本人役で出演していたヒュー・ヘフナー氏は、2017年91歳でお亡く

なりになっています。

 

 THE ZETA ソロリティー・ハウス外観

 

 

少女漫画のようなベタな展開は安心して観ていられます。

勧善懲悪なので、ラストはスッキリ!

気軽にご覧下さい。