映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

ライブリポート Line of Duty (2019)

ライブリポート(字幕版)

1人の少女が誘拐される事件が発生。その後、警察のもとに透明の箱に閉じ込められ、泣き叫ぶ少女の映像と共に、彼女のタイムリミットは64分だという犯人からのメッセージが届く。
警官のペニーは、事件の捜査中に出会ったライブ配信する女性リポーターのエイヴァと共に、誘拐犯の素性を独自に調べ始める。

以下ネタバレあり

 

【映画ロケーション】

冒頭、犯人を主人公のペニーが追いかけ走る陸橋のシーン。
アラバマ州バーミンガム Richard Arrington Jr Blvd S

 

犯人が逃げ込んだ教会:First Presbyterian Church

 

ペニーが射殺した犯人(Dean Keller 弟)の車が駐車されていた場所。
色々走り回ってはいるが、一番上の陸橋のたもと。

 

 エイヴァの赤い車が横転し炎上した交差点。上の犯人が逃げ込んだ教会の横。

 

犯人(Max Keller 兄)の車が飛び込んできて、銃撃戦になる交差点。

 

※ネタバレ注意

(犯行動機)

ケラー兄弟の妹のナオミ・ケラーは、爆発で地下室に閉じ込められ通報するが、警察に64分間放置される。
その間に水道管が破裂し、ナオミは溺死してしまう。

警察を恨んだ兄弟は、当時の責任者だったヴォルクを恨み、彼の娘を報復のために誘拐。
妹と同じように、64分間の間に救出しなければ溺死する仕掛けの入れ物に、娘を閉じ込めてしまう。

 

ペニーのおかげで少女はギリギリで救出されることになるのだが、ペニーは何故あんなに無茶したのだろうか?
犯人を殺してしまった責任から、この手で救出しよう…ということなのか?
スピード感あふれる映像に、観ている側は引きこまれていくのだが、結果オーライとはいえ、ペニーのやり方はどうなのだろう?とずっと心配しながら観ていた。
無茶な運転も、どうにかならかったのか?

思い出せば、冒頭で、親しい少年にペニーが、マイケル・ジョーダンが史上最高と話し、その理由を「決して諦めないから!」と答えていた。
ペニーも、諦めない精神で、少女救出をやり遂げたと言うことなのだろう。

10点満点の7点程度。
一気観してください。