映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ダンシング・クイーンズ Dancing Queens (2021)

Netflixあらすじ抜粋

舞台に立つことを夢見ながら、ドラァグクラブの掃除係として働くダンサー。

その才能が振付師の目にとまったことで、彼女の運命が大きく動き始める。

 

以下、ロケ地と感想

 

 

 

監督のHelena Bergströmは、この映画は2017年に亡くなった友人Rikard Wolff

(スエーデン俳優・歌手)へのオマージュだとインタビューで語っていました。

(Rikard Wolffは、同性愛者を公表している。)

男女の境界があいまいになった世界を描こうと思い、LGBTをテーマにした作品を

製作したようだ。

 

監督(右端に座る女性)と俳優陣へのインタビュー。

 

 

【映画ロケーション】

 

撮影は、スエーデンのÅstolで。

動画は、映画とは関係ない、島を紹介する動画。

 

ディランの父が経営するスーパーマーケット。

Åstol Handelsbod 外観・店内ともそのまま撮影に使われたようだ。

 

 

(簡単なあらすじ)

スエーデンの小さな島に住むディラン。

最愛の母を亡くし、ショックのあまりダンサーの夢をあきらめかけていた。

祖母に応援され、街へ行き、ダンサーのオーディションを受けようとするが

ドラァグクラブのダンサーのオーディションだったと知る。

ドラァグクラブ=男性のダンサー)

その後、男のふりをして、オーディションを受け、合格してしまう。

彼女が女性だと知っているのは振付師のみ。

だが、あることがきっかけで、嘘がバレ、島へ戻ることになる。

 

 

よくある展開で、先は読める。

多少もめるが、基本的に皆良い人ばかり。

安心して観ていられる。

泣けるほどの感動はないが、ほっこりできる作品。

時間がある時に、旅行気分で楽しんでみてください。

 

 

主人公のディランと振付師のヴィクトールのメイク動画

 

 ヴィクトールこと、 Fredrik Quinones へのインタビュー動画。