映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

その手に触れるまで Le jeune Ahmed Young Ahmed (2019)

その手に触れるまで [DVD]

ベルギーに暮らす13歳の少年アメッド。

1年前までは、ゲーム好きの普通の少年だったが、イスラム教の指導者に感化され

過激な思想を持つようになる。

ある日、別れの握手を求める教師を、イスラムの敵と考え、殺害しようとするが…。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

第72回カンヌ国際映画祭 監督賞受賞作品

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ リュック・ダルデンヌ (ダルデンヌ兄弟

 

 

【映画ロケーション】

 

 牧場のシーン:Ferme De La Croix De Mer(ベルギー Borlez)

※動画は、牧場に関するもので、映画とは関係ありません。

 

 

 

(ネタバレあらすじ)

 

主人公:アメッド Ahmed

ベルギーの首都ブリュッセル在住 13歳の少年

母と兄姉らと暮らしている。

1年前までは、どこにでもいるゲーム好きな少年だった。

 

イスラム教に傾倒

地元の食料品の2階のモスクに通い、モスクの導師に感化され過激な思想に

傾いていく。

 

女性教師イネス

イスラム教では、大人のムスリムは女性に触らないと教えられたため

教師であるイネスとの別れの挨拶である握手を拒否。

母に注意されるが、お酒を飲む母に「飲んだくれが」と言い返す。

(父が家を出た後、ベールをせず、お酒を飲むようになった母を受け入れられない。)

 

殺害計画

イネス先生が歌を用いて、アラビア語の日常会話を学ぶ授業を提案。

導師は、聖なる言葉を歌で学ぶことは、イスラム教を冒涜しており

その教師は背教者だと言ったため、アメッドはイネス先生の殺害を計画。

先生の自宅を訪ね、玄関前で襲うが、先生は部屋に逃げ込み、計画は失敗する。

慌てたアメッドは、導師のもとへ向かうが、巻き込まれたくない導師は

モスクと家族のために自首し、教師を殺そうとしたのはネット上の導師の指導

が原因だと言うように、アメッドを説得する。

 

少年院

アメッドは少年院へ入るが、反抗的な態度は変わらず

更生プログラムである農場作業も受け入れられずにいた。

面会に来た母から、導師が逮捕されたことと、イネス先生が面会を望んでいる

ことを知らされる。

元のアメッドに戻ってほしいと母に泣かれたアメッドは、その後態度を改め

農業作業にも積極的に行うようになる。

 

再計画

周囲は、アメッドが改心したように思えたが、実はイネス先生との面会時に

殺害するための計画だった。

農場から盗んだプラスチックの歯ブラシを削り、凶器を準備。

イネス先生との面会の日を迎えるが、アメッドの顔を見たイネス先生は

動揺し、面会は中止になってしまう。

 

農場の娘・ルイーズ

 

農場での農業作業を続ける中、アメッドは農場の娘ルイーズと親しくなっていく。

2人きりの時に、ルイーズからキスを迫られ、彼女とキスしてしまう。

イスラム教の教えに反したと後悔したアメッドは、ルイーズに改宗するよう

説得するが、ルイーズから断られてしまう。

 

脱走

農場からの帰り道に、脱走したアメッド。

イネス先生を殺害しようと学校へ向かうが、入口が閉ざされていたたため

外にあった園芸用の金具を凶器にしようと盗み、侵入のために上の階に

よじ登っていくが、途中で落下し怪我を負い、動けなくなる。

凶器用の金具で音を出すと、イネス先生が気づき、アメッドのもとに

かけつける。

アメッドは、先生に初めて謝罪をする。

~終~

 

 

イスラム教のあの導師、あれで指導者なのか?

アメッドが、殺人未遂事件を起こしたと知った途端、俺は関係ない!と

アメッドを突き放す。

それでも、アメッドは何故か信仰を捨てず、殺害実行ばかり考えている。

日本人の私たちには、考えられない展開だが、海外では似たように

洗脳されたり、傾倒していく子供がいるのかもしれない。

操りやすい子供達は、大人に良いように利用されるだけだろう。

ラストは、アメッドの本心だろうと思いたいが、二択の状況のまま

映画が終わってしまう。ひんやりとしたエンディングに思えた。

ホラーの場合は、瀕死な人物が起き上がって、もう一度襲ってくるけど

さすがにそんなことは無くてほっとした。

 

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@idirbenaddiがシェアした投稿