映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ランサム~交渉人~ S1 #4 Ransom Joe

ワシントン州シアトル。

自動車の技術開発を行うヴォイセク社では、2日後に新製品の発表が予定されて

いたが、担当する開発主任が通勤中に誘拐され、社員全員宛てに脅迫メールが

送られてきた。

犯人からの身代金の要求はなく、目的もわからない状況。

若き女性CEOアディソン・リードは、犯人は競合他社ではないかと考えていたが…。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【ドラマ ロケーション】

 

例の船:中央にあるサビサビ船。カナダ・トロント

背景等、加工されていましたが、Greg Brykが演じた犯人のRand Govenderが

歩いているシーンで、船の対岸が映っていたので間違いないと思います。

対岸の黒い山

 

 

今回の事件の犯人役は、トロント出身の俳優エンリコ・コラントーニが演じていた。

エンリコ・コラントーニといえば、“ヴェロニカ・マーズ”の父キース・マーズが

一番印象に残っている。

多少強面だが、悪人顔ではない俳優さん。

とすれば、単なる悪役ではない?かも…と思いながら観始めた。

基本、カナダでの撮影のため、カナダ出身の俳優が多くキャスティングされている

ようだ。

今回の悪役、グレッグ・ブリックもカナダ出身。

 

 

 

※ネタバレ注意

 

 

 (事件の発端)

 

誘拐犯(であり被害者):ジョー・モリス

国家運輸安全委員会 調査官

ヴォイセク社の衝突回避システムを担当、何度も仕様修正を要求する。

 

誘拐被害者:フレイザー

ヴォイセク社 衝突回避システム開発

国家運輸安全委員会に3度にわたり仕様を提出⇒修正を求められる

自社の衝突回避システムの安全性に疑問を持つ⇒自家用車を手放す

 

ヴォイセク社CEO アディソン・リード

競合他社との開発競争の中、1番乗りを目指す。

⇒他社に先を越されれば、開発努力が無駄になり、株価も下がる可能性大。

そのためには…

 -国家運輸安全委員会 調査官の交代ー(=ジョーを追い払う)

 

競合調査担当:ランド・ガヴェンダー

CEOのアディソン・リードに雇われ、ジョー・モリスに関するの情報を盗み

ジョーを陥れることに成功。

その後、雇った側のアディソン・リードも脅し、主導権を奪う。

 

DTRデータサービス

ガヴェンダーの手下のハッカー

ジョーの個人情報を盗み、犯罪者に仕立て上げる。

 

復讐

ジョー・モリスは、仕事も家庭も失い、愛する一人娘とも

接近禁止命令が出ているために、会うことが出来ない状況に。

ヴォイセク社を恨み、担当開発者の誘拐事件を起こす。

⇒事件発覚

 

 

 

(その他)

今回は、オリヴァー・イェーツの家族に関して、紹介されていた。

ハッカーが、彼の情報を盗み見たことで、オリヴァーが大量に

オキシコドンを入手していたことが発覚し、警察沙汰になった。

オキシコドンは、モントリオールに住む彼の父親の(ガンの)痛みをとるために

購入していたことが判明する。

余命わずかの父親は、オリヴァーの罪をかぶり、自分が購入したと自供する。

 

 

 

5~8話目まで、何故か録画予約を失敗。

飛んで第9話から、ブログを続けます。