映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

パーム・スプリングス Palm Springs (2020)

Palm Springs: Original Motion Picture Score

11月9日のパーム・スプリングス。

ナイルズと恋人ミスティは、ミスティの友人タラたちの結婚式に出席するため

パーム・スプリングスに滞在していた。

ナイルズは、式の後、タラの姉のサラと良い雰囲気になる。

ナイルズが、赤く光る洞窟に入っていくのを見たサラは、彼を追いかけ洞窟へ。

気を失ったサラが目覚めると、なんと昨日と同じ11月9日の朝だった。

慌てたサラがナイルズを問い詰めると、ナイルズから同じ11月9日を数え切れない

ほどタイム・ループしていることを説明される。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【映画ロケーション】

 

プールがある留守宅:SkyHouse Joshua Tree

パーム・スプリングスではなく、ジョシュア・ツリーにあるレンタル施設。

ピザ型のフロートで浮かんでいたあのプールが確認できます。

なんとインテリアは、日本のわびさびをテーマにデザインされているそう。

動画には、WABI-SABI WELCOMEという書籍が映っていました。

 

 

 

 

トリビアネタ:Akupara (Beer)

映画の中で、ナイルズがグビグビと飲んでいる赤いビール缶。

良く観ると、Akuparaと書かれていました。

imdbでの情報によると、Akuparaという言葉は、サンスクリット語

“unlimited, unbounded”(無制限・無限)を意味した単語で、

ヒンドゥー教に出てくる“one who is without death”(死なない)亀の名前とのこと。

 

 

トリビアネタ:クロフォード・ジョンソン氏

映画の中で、サラが連絡を取った科学者のクリフォード・ジョンソン氏は

実在する科学者で、この映画でもアドバイザーとして参加されています。

 

 

※ネタバレ注意

 

 

(2人の出会い)

2019年11月9日のカリフォルニア州パームスプリングス。

主人公のナイルズは、恋人のミスティと共に、彼女の友人のタラの結婚式に

出席するため滞在していた。

結婚式で、タラの姉のサラが突然スピーチを頼まれ、慌てる様子を見たナイルズは

彼女の代わりにスピーチをかって出る。

結婚式なのにアロハシャツを着て、飄々と楽しんでいるナイルズにサラは興味を

持ち、2人は急接近する。

 

(タイムループ)

ナイルズとサラが、夜の砂漠で良いムードになった瞬間、ナイルズの背中に矢が

命中!ナイルズは、赤く光る洞窟に逃げ込んでいく。

ナイルズに待っているよう言われたサラだが、ナイルズを追いかけ洞窟へ。

意識を取り戻したサラが目覚めたのは、なんと昨日の11月9日だった。

サラは、すぐにナイルズを見つけ出し追及するが、彼が既に数えきれないほどの

イムループをしていたことを知る。

ナイルズを弓矢で殺そうとした人物も、ナイルズにタイムループに引きこまれた

男性で、復讐のために、たまに殺しに来ると説明される。

 

(11月9日を楽しむ!)

サラは、タイム・ループから抜け出すおとを諦め、ナイルズと一緒に楽しむよう

になっていく。

やがて、2人は恋に落ち、ついに結ばれることに。

ナイルズは、以前のタイムループで、既にサラと関係を持ったことを正直に

告白したが、サラは突然ナイルズの前から姿を消してしまう。

 

量子力学

サラは、ループから抜け出す方法を模索し、ループをしながら量子力学を極めて

いく。そして、ヤギを使った実験の末、ついにループから抜け出す方法を発見する。

久々にナイルズに会いに行ったサラは、自分で発見した方法でループを抜け出す

ことを話すが、ナイルズはこのままサラとループの中にいたいと話す。

 

(爆死からの脱出)

サラは、1人でループからの脱出を決行。

ナイルズも、サラと生きていきたいと思いなおし、洞窟に向かうサラのもとへ

かけつける。

サラの計画通り、2人は、洞窟の中で爆死する。

 

(留守宅のプール)

2人は、いつも通り、留守宅のプールでピザ型のフロートに乗りくつろいでいた。

2人は、家の持ち主に声をかけられる。

ついに2人は、タイムワープから脱出する。

~終~

 

 

 

 

500万ドルという低予算で、22日間で撮影された作品だが

Huluでの配信開始から3日間の視聴者数はHulu史上過去最高数だったと

言われている。

イムループものは、かなり観てきたつもりだが、かなりの名作。

ブコメとしてもとても楽しめた。

 

まだ観ていない方は是非!

(PG12:12歳以下のお子さんは要注意!)