映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

スポンティニアス Spontaneous (2020)

スポンティニアス

マーラ・カーライルが通う学校で、生徒らが突然爆発して亡くなるという怪現象

が相次いで起こる。自分や友達がいつ爆発するのか分からないという恐怖の中

マーラは、自分に思いを寄せるディラン・ホヴメイヤーと共に、日々を大切に

生きていこうとするが…。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

Spontaneous

原作は、アーロン・スターマーの同名小説。(2016)

 

 

人が爆発するシーンには、最後まで慣れなかったが、ラストをどう描くのかが

気になって、最後まで観続けた。

ジャンルを"青春ラブストーリー"と説明されているサイトも多いが、スプラッター

な映像が苦手な人にはお勧めできない。

 

 

【映画ロケーション】

 

 学校のシーン:Thomas Haney Secondary School (imdbより)

 

ディランが爆発し、全身血だらけのマーラが、呆然とした表情で

道路を歩くシーン。

Florens Hair Cuts店の前あたり(Port Coquitlam)

 

 

 ※ネタバレ注意

 

 

(あらすじ)

 

生徒が爆発

コヴィントン高校へ通うマーラ・カーライルのクラスで、授業中、マーラの前の

席のケイトリンが突然爆死する。

彼女の葬儀の後、マーラが親友のテスとお茶をしていると、

同じクラスのディランに声をかけられ、幻覚キノコを勧められる。

初めて幻覚キノコを体験したマーラは、ディランと仲良くなる。

 

ハロウィン・パーティ

学校でハロウィン・パーティーが行われ、マーラは映画「キャリー」の

白いドレス姿で登校すると、すぐにディランから声をかけられる。

ディランが、以前からマーラが好きだったことがわかり、その夜、2人は

デートを兼ねて、アメフト部の試合を観に行くことに。

しかし、そこでアメフト部の部員が爆発してしまう。

 

ホーム・パーティー

落ち込むマーラのもとに、ディランが車でホーム・パーティーに行こうと

車で迎えに来る。

2人は、庭に出てキスをしていたが、家の中から爆発音がして、皆が外へ

逃げ出してきた。また1人、爆死してしまう。

 

FBI捜査

コヴィントンの呪いと呼ばれた連続爆死事件を、FBIが捜査を開始。

マーラらは、FBI捜査官カーラ・ロゼッティから捜査協力を依頼される。

何か証拠がないかとテスとともに考えていた中、双子のダルトン兄妹から

ドラッグを買ってほしいと頼まれ、マーラは全部買い取ることに。

ドラッグを隠し場所へ双子と共に車で向かうが、

運転していたジョー・ダルトンが爆発し、その後、ジェンナ・ダルトンも爆発。

横転した車から逃げ出したマーラは、近くの小川で血を洗い流していた。

 

隔離施設へ

ディランが、FBIに連絡をし、現場でマーラを発見する、ほっとした矢先

白い医療用のジャンプスーツを着た者達が現れ、2人は隔離施設へ連行される。

そこには、クラスメイト全員が集められていた。

検査や投薬をされながら、クラスメイトらと何事も無く過ごしていたが

また1人皆の前で爆死してしまう。

その後も、研究と投薬が続けられるが、爆死は続いていく。

開発により、治療薬が完成し、爆死もおさえられたため、生徒らはそれぞれ

日常生活へ戻ることになる。

 

学校へ

両親やディランと悔い無く楽しく過ごそうと決めたマーラ。

登校も可能になり、クラスで今後の治療について説明を受けていた。

完全に治す根治薬ではなく、対症療法で対応していくという説明の中、

ティーブが爆死。

教室から逃げ出すが、クラスメイトが次々と連鎖反応のように爆死していく。

マーラは、親友のテスを見失い、さらなる爆死が続く中、ようやくディランと

再会し、喜びあった瞬間にディランが爆死してしまう。

 

 

自暴自棄

ディランの死後、自暴自棄になったマーラは酒に溺れ、ディランの葬儀にも

参列せず、親友テスからも距離を置かれるようになる。

ネットで、マーラがコヴィントンの呪いの張本人だと書かれているのを見て

自分を責めるようになる。

その後、プロムに出席したマーラは、そこでも酒を煽り、檀上へあがると

コヴィントンの呪いは自分が原因だと語り始める。

しかし、他の生徒らも、自分のせいだと懺悔しだし、他のクラスメイトらも

自らを責め、苦しんでいたことを知る。

プロムの帰り、ディランの墓へ行ったマーラは、ディランの母と会い

フロリダで陥没穴に落ち行方不明になった男性の話を聞かされる。

男性には罪はないし、マーラたちにも罪は無く、悪党かどうかも関係なく

これが人生なのだと話し、2人はディナーの約束をする。

 

卒業後の日々

両親に謝罪をしたマーラは、卒業後、ディランが買った車に乗り

自宅を出ることに。

新たに開発された薬(スヌーズボタン)は、効果があり、爆死はおさまったようだ。

コヴィントン高校は、閉鎖後、取り壊しが計画されている。

マーラは、テスとともに夢だったビーチハウスで、裸足で水タバコを吸いながら

次に起こることは良いことだと願い、日々を大切に生きている。

~終~

 

 

映画「キャリー」や「E.T.」など、有名映画にちなんだシーンもある。

恋人のディランを目の前で亡くしたあと、全身血だらけで街を彷徨うシーンは

血を浴びせられたキャリーを彷彿とさせる。

 

爆死、というのは極端な表現だが、コロナ渦の時代と重なり、日々を大切に

していこうというメッセージには、共感できた。

しかし、何度観ても爆死シーンは怖くて寿命が縮む思いがします。

苦手だ。