映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

刑事リバー 死者と共に生きる RIVER #2

リバーは追跡中に死なせてしまった重要参考人のクリストファー・ライリーが

ティーヴィーの事件と無関係だったと考えるようになる。

その後、事件に使われた車の内部から被害者スティービーのDNAが見つかり

リバーは、ライリーの死亡事故に関し、責任を問われることは無くなった。

リバーの上司は、スティービーと麻薬ディーラーのライリーとの関係を

問題視していた。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

今回の挿入歌は、ノーランズの“I'm In the Mood for Dancing”。

日本では「ダンシング・シスター」というタイトルで大ヒットしました。

暗い事件に明るい音楽を選ぶところが、良いセンス。

 

 

【ドラマ ロケーション】

 

ラストで、同僚達が集うパブ。:The Bell (ロンドン)

 

 

 

※ネタバレ注意

 

 

第2話で判明したこと

 

・リバーに追われ事故死したクリストファー・ライリーは、スティービーを

 殺していない。(幽霊として登場し、関与を否定。)

 防犯カメラで、殺害現場から3キロ離れた場所にいたことが判明。

・ライリーとスティービーは、顔見知り。⇒車内にあったDNAから判明。

 リバーの上司リードは、スティービーの麻薬の売人との関係を問題視。

・副警視監⇒リバーを辞めさせたい。(精神科の診断書待ち。)

・ティア:ライリーの恋人

 ティアのおなかの子の父は、ブルーノという青年。

 事件で使われた車は、ブルーノが盗み、ライリーに譲ったものだった。

・スティービーの2台目の携帯電話を発見する。

 ⇒3話以降で、携帯から新情報が得られるのか?

 

 

リバーの相棒のスティービーの家族は、色々といわくつきのようだ。

ティービーだけが、まともな職についたのかもしれない。

精神科医は、リバーの味方になってくれそうで安心する。

また、新しい相棒であるキング刑事は、リバーを色眼鏡で見たりしないので

ほっとしている。

 

そして第3話。

毎回、挿入歌は違うのだろうか?