映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

刑事リバー 死者と共に生きる RIVER #3

f:id:murton-09:20210810102816p:plain

リバーは、スティービーの携帯電話の留守電メッセージから、兄ジミーの犯行と

考え、追及するも、弟フランキーの証言によりアリバイが成立する。

ティービーの事件を追う一方で、建設現場での感電事故についても捜査を

始めることに。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【ドラマ ロケーション】

 

CRISTAL KEBABS(スティービーがいつも通っていたケバブ屋さん)

:Starlight Cafe (Globe Town) ロンドン

22 シシカバブ

48 ドネルケバブ ⇒ 暗証番号!

 

South Quay駅

「あなただけだと?」と言って一瞬姿を現すスティービー。

South Quay駅に入る精神科医ローザの後ろ姿。

 

 ローザのあとを追って入った劇場:Shakespeare's Globe

 

 

 Shakespeare's Globeで上演されていたのは、シェイクスピア

The Comedy of Errors(間違いの喜劇)。

注:動画はドラマと関係ないものです。

 

 

 

※ネタバレ注意

 

 

第3話で判明したこと

 

・スティービーの携帯電話 暗証番号 2248 (ケバブ屋さんの好物の番号)

 留守電のメッセージ:兄ジミーからの脅迫

・スティービーの兄:Jimmy Stevenson

 1999年1月19日収監

 スティービーの証言により服役する。5か月前に出所。

 アリバイあり。⇒スティービー殺害犯ではない。

・リバーは、相棒であるアイラに追及され、スティービーのことで告白する。

 1万ポンドを渡され、自分に何かあったら弟のフランキーを頼むと言われていた。

 (1万ポンド=日本円で約150万円)危険を察知していたのか?

・建設現場の感電事故を担当

 感電したマートンは、瀕死の重傷。⇒リバーの前に姿を現す。⇒もうすぐ死ぬ?

 部下:ウクライナ人のミシチェンコ

 マートンとミシチチェンコとの痴情のもつれからの事故と判明。

・リバーの精神科医ローザは、問題が無いと嘘の診断書を提出。

 リバーは仕事を続けられることに。⇒ローザには本当のことを話す。

・スティービーは、殺害される前に、ある男性と会っていたことが判明する。

  スティービーの母から、男性が使ったと思われる髭剃り等の証拠品を渡される。

 

 

 

ティービーは、リバーに内緒で付き合っていた男性がいたようだ。

もしくは、彼と親しくなり、彼を救うために動いていた可能性もありそう。

リバーは、相棒から秘密にされていたことがショックだったようだ。

ティービーは何故、亡くなっているのに、真実を語らないのか?

何か、隠したい事情があるのか?

そもそも、本当にスティービーの霊なのか?

 

ティービーの家族(スティーヴン家)が怪しげだったが、ミスリードさせる

ための登場人物だったのかもしれない。

まだ、真実はわからない。