映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クリスマス・プリンス A Christmas Prince (2017)

Netflixより

成功を夢見る新米記者に、またとない取材の話が舞い込む。王位を継承予定の魅惑の王子について特ダネをつかむのが任務。クリスマス目前で海外へ飛ぶことに。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【映画ロケーション】

 

アルドヴィア王国 宮殿:Peleș Castle (ルーマニア

 

 

※ネタバレあり※

 

(ストーリー)

 

アルドヴィア王国へ

主人公 :アンバー・ムーア NY在住の雑誌記者

取材対象:リチャード皇太子 アルドヴィア王国 プレイボーイとして有名

アルドヴィア国王が亡くなり、リチャード皇太子が即位予定。

編集長の命令で、ゴシップ狙いで、アンバーはアルドヴィヘ。

 

偽家庭教師

会見の場に、皇太子が現れず、記者たちが宮殿を立ち去る中、アンバーは

ゴシップを求め、王宮内に入り込む。

すぐに、宮殿スタッフに見つかるが、エミリー王女の新しい家庭教師と勘違いされ

アンバーは、偽の家庭教師として働き始める。

エミリー王女は、家庭教師らを次々に追い出してきたが、エミリーが普通の女の子

として接してくれたことで、次第に心を開いていく。

 

リチャード皇太子

アンバーは、ほどなく皇太子と会うことになるが、プレイボーイ等の噂とは違い

家族を大切にし、責任感がある人物だと知る。

こっそりと取材を続けるうちに、エミリー王女にアンバーの正体がバレてしまうが

リチャードの実像を記事にすることを条件に、エミリー王女はアンバーの秘密を

守ると約束してくれる。

 

養子縁組の書類

リチャードを追い、馬に乗り森へ入ったアンバーは、落馬し森の中に取り残される。

狼に襲われそうになったところを、皇太子に救われ、国王の山小屋に招待され

二人は急接近。

その小屋にあった机の中から、皇太子が養子だったことを証明する書類を発見。

皇太子がショックを受け、王位を継承しなくなることを恐れ、書類を密かに

持ち帰る。

 

王位を狙う男

サイモン:リチャード皇太子のいとこ 王位を狙う

ソフィア:リチャード皇太子の元カノ 元サヤに戻ろうと必死⇒野望

サイモンとソフィアは、アンバーの部屋に忍び込み、アンバーの正体と

リチャード皇太子の養子縁組の書類を見つけてしまう。

戴冠式の日に、サイモンとソフィアは、全てを暴露。

自分こそが、王位継承者だと断言し、式は中止に。

リチャード皇太子は激怒し、アンバーは王宮を去ることに。

女王は、国王も自分も実の息子だと思っていると訴え、子供が出来ず

仕方なく養子をとることになったと告白する。

 

父からのヒント

傷心のアンバーは、NYに戻るため空港から父に電話をする。

父の言葉からヒントを得た、アンバーはリチャード皇太子を救うために

NYには戻らずに、宮殿に急いで戻る。

国王から女王に送られたクリスマス・オーナメントのドングリの中から

国王が書いた、リチャード皇太子を正当な相続人として宣言するという正式な

書類を発見する。

 

戴冠式

アンバーが見つけた書類により、リチャード皇太子は正式な王位継承者として

戴冠式を行うことになる。

女王になるため、サイモンと結婚までしたソフィアは、激怒し立ち去っていく。

アンバーは黙ってアルドヴィア王国から去る。

 

ニューヨーク

NYへ戻ったアンバーは、出版社を辞め、父の店を手伝いながらブログをはじめ

リチャードの本当の姿を綴っていく。

リチャードは、アンバーのもとへ向かい、プロポーズ。

~ハッピーエンド~

 

 

 

Netflixでシリーズ化したクリスマス映画。

続編として

「クリスマス・プリンス: ロイヤルウェディング

「クリスマス・プリンス: ロイヤルベイビー」

が公開されている。

悪役サイモン、続編にも登場します。要チェック!

 

皇太子=デコ広め

 

というのは、全世界共通のイメージなのでしょうか?

 

 

ロマンチックな恋愛映画好きな女性におすすめ。