映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

タイラー・ヘンリーの死後の世界 Life After Death with Tyler Henry (2022)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tyler Henry(@tylerhenrymedium)がシェアした投稿

セレブを霊視する番組”Hollywood Medium”で、一躍有名になったタイラー・ヘンリーが、有名人から一般人まで様々な人々の関係者を霊視するリアリティーショー。

以下、ネタバレあり

目次

 

HOLLYWOOD MEDIUNM

タイラー・ヘンリーが、注目されたのはセレブに霊視をする番組「HOLLYWOOD MEDIUM」(2016~2019)に出演したことがきっかけ。
霊視をしてもらったセレブたちは、皆彼の能力が“本物”だと驚かされていく。

 

アラン・シックの死

ハリウッド・ミディアムで注目されたのは、歌手ロビン・シックの父で俳優のアラン・シックとの回。
タイラーの霊視(リーディング)があったのは、亡くなる3か月前だったという。
彼の亡くなった家族(心臓の病が原因)が現れ、彼に心臓を検査するよう忠告をしていると説明。
だが、彼は心臓病は家族の遺伝的な病気ではないと断言し
"Thank you, Dr. Henry, I'm gonna take that to heart."
「ありがとう、ヘンリー医師。心に留めておくよ。」と返していた。
2016年12月13日、彼は大動脈解離でお亡くなりに。
タイラーの霊視が当たったと騒がれたが、心臓病はアメリカ人男性の死因1位であるため、疑問視する声も多かった。

 

書籍

Here & Hereafter: How Wisdom from the Departed Can Transform Your Life NowBetween Two Worlds: Lessons from the Other Side

書籍は、現在2冊出版されている。
「HERE & HEREAFTER」「BETWEEN TWO WORLDS」

 

ライブツアー

番組の最終回でちらっと紹介されているが、タイラーは全米ライブショーを行っているという。
ライブショー“An Evening of Hope and Healing”(希望と癒しの夕べ)の中で、タイラーは「Our loved ones never really leave us.」と語り続けている。(意訳:愛する人々はいつもそばに。)

 

母の出生の秘密

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tyler Henry(@tylerhenrymedium)がシェアした投稿

番組では、様々な人々への霊視とともに、タイラーの母テレサの出生に関する謎も解き明かしていく。
母のケースは、霊視ではなく、出生届やDNA鑑定の情報を基に探偵や、他の霊能力者に依頼し、調査をしていく。
テレサの義母ステラは、殺人罪で30年服役し、のち出所した詐欺師だという。
兄姉と共に虐待されてきた義母が、自分と血縁関係が無いことを知り、誘拐だったのではないか?と疑っている。

 

実の兄姉

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Theresa Koelewyn(@theresakoelewyn)がシェアした投稿

タイラーの母テレサは、DNA鑑定の結果から、実の兄姉に再会。
実母は、他界していた。
兄姉から、実母はシングルマザーで妊娠・出産したことを恥じていたと説明。
生活も苦しかったため、仕方なく生まれたばかりのテレサを手放したようだ。
実の姉とテレサは、本当にそっくり。
義兄と義姉とは肌の色も違ったが、父親が違うため、疑問は感じなかったようだ。

 

30万人待ち

現在、タイラーへの霊視希望者は、30万人待ちだと言われている。
番組では、有名人から一般人まで、番組側が気になる人物をチョイスし、タイラーへは事前情報無く、対面してもらうという設定になっている。

 

アメリカでは、彼の能力を疑問視する声も当然出てきてはいるが、番組を観る限り、能力はホンモノなのでは?と感じている。
彼の良いところは、どんな悲惨な死であっても、現在は幸せそうにしていると遺族や関係者を安心させていること。
苦しみ悔やんでいる人々を、癒してあげている。

 

彼に霊視してもらった人々は、皆笑顔で終わるのだが、ひとつだけ驚くべき結末に動揺してしまった。
彼が、修理が必要だと言い、火事に関し何度も質問をしていた回があったのだが、その後、修理が必要だと言った階段付近で放火され、霊視をするために訪れた歴史的な建物が火事になってしまう。

まだ若いタイラーは、今後どういう人生を歩んでいくのだろうか?
無理をせず、誹謗中傷なども気にせず、ゆっくりと仕事をしていってほしい。
10年後、20年後、未来の彼が幸せでありますように。