映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

謗法 ~運命を変える方法~ 방법 S1 全12話 

謗法~運命を変える方法~ DVD-BOX1

漢字の名前、顔写真、所持品で相手に呪いをかける能力“謗法(ほうぼう)”を持つ

高校生のペク・ソジンと、正義感あふれる社会部記者イム・ジニの2人が

大企業に隠された巨大な悪に立ち向かう物語。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

韓国では、2020年 2月10日~3月17日までtvNで放送されていた。

私は、先日Netflixで鑑賞しました。

 

クリックひとつで他人への憎悪を表現し、自殺へと追い込むこともできてしまう

ようなネット時代に作られた、メッセージ性のあるドラマだと思う。

 

 

 

【ロケ地】第3話 サービスエリア

チン会長が悪霊(狗神)に取りつかれたシーン。

Hangyeryeong Service Area(한계령휴게소)

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Eiji Leon Lee(@eijileonlee)がシェアした投稿

 

 

 

登場人物(ネタバレあり

 

 

イム・ジニ

チュンジン日報社会部記者

記者歴15年 正義感あふれる熱血女性記者

学生時代、集団イジメにあい、友人を自殺に追い込んだ経験がある。

真実の為に多少の犠牲はいとわず、本人も自分が善人ではないと語る。

 

個人的感想:会社員時代の同僚に似ている。

      彼女も正義感が強い人だったと思い出しながら観ていた。

 

 

ペク・ソジン

謗法師 呪いの能力を持つ女子高生。

幼い頃、巫女だった母をチン・ジョンヒョンらに殺害される。

相手の漢字の名前、写真、その人物の持ち物だけで、離れた相手を呪い殺せる。

名前等が不明な場合は、直接手を握り、殺害する。(こちらの方が、呪いが強力。)

1人で、チン・ジョンヒョンを呪い殺そうとするが、ジンギョンに邪魔され

イム・ジニに協力を求めることに。

 

個人的感想:とにかく可愛い。ボーイッシュな髪型が似合う。

      オカルト的な映画は苦手なのだが、ペク・ソジン演じる

      チョン・ジソが観たいためだけに最後まで観た。

  

 

 

チン・ジョンヒョン

IT企業のフォレストの会長

元々は気の弱い田舎の青年だったが、母親に無理やり受けさせられた

ペク・ソジンの母の祈祷により、狗神(悪鬼)が入り込み、体を乗っ取られる。

狗神の最終目的は、インターネット“フォレスト”に転移し、呪いの掲示板である

“呪いの森”で訴えられた人々を殺していくこと。

そうなれば人々は、恨まれるのを恐れ、罪が無い世界になる、というのが言い分。

 

個人的感想:狗神に録りつかれた本人は、被害者。

      体を乗っ取られ、最終的には亡くなることに。

 

 

 

ジンギョン

祈祷師 チン会長の助言者

本名は不明。証明書に書かれたキム・ジンスクという名も本名ではない。

狗神に憑依され、苦しんでいるチン・ジョンヒョンを病院で偶然目撃し

祈祷後、チン・ジョンヒョン(の狗神)に仕えることに。

邪魔者を次々と殺すよう指示する冷酷な悪人だが、何故か弟子のチョン・ジュボン

だけには感情的に、裏切られた時にはショックを受けていた。

 

個人的感想:最終的に殺されるが、最後まで何者なのかがわからなかった人物。

      出来の悪い弟子を毎回怒りながらも、ずっと一番弟子として

      雇っていたのは何故なのか?二人の時だけ、人間味が出ていた。

 

 

キム・ジュファン

チュンジン日報 社会部部長

フォレストのイ・ファン常務から賄賂をもらい、イム・ジニの邪魔をする。

怒るイム・ジニに脅迫をしたことで、ドラマ内で初めて謗法される人物となる。

 

個人的感想:即、殺されてしまうが、典型的な悪人のため同情ゼロ。

      

 

ム・ピルソン

興信所「都市探偵キム・ピルソン」の代表。

元警察官 イム・ジニの協力者

チン会長の私物を入手する手伝いをする。

 

個人的感想:経験からなのか危険回避能力に長けた人物。

      コミカルな演技だが、最終的に一番カッコいい。

 

 

タク・ジョンフン

民俗学准教授 世界の民族・宗教・オカルト等にも詳しい人物。

イム・ジニらに協力し、良きアドバイザーとなる。

 

個人的感想:登場時はいかにも頼りにならなそうなキャラクターだったが

      意外にも良きアドバイザーに。

 

 

ソクヒ

ペク・ソジンの母親 巫女

娘にとりついた狗神を追い出すために、祈祷に訪れたチン・ジョンヒョンに

狗神を転移させようとするが、失敗。

狗神が分かれ、2人に憑依してしまう。

チン・ジョンヒョンの母に全てを打ち明け懺悔し、改めて祈祷をするが

苦しむ娘の姿を見て断念。酒に逃げるようになる。

 

個人的感想:巫女として中途半端な能力しかないのに、裏の手を使い過ぎた。

 

 

チョン・ソンジュン

イム・ジニの夫

ソドン警察署 チーム長

過去、ヤン・ジンスに代わって潜入捜査をした際に、足を怪我し切断する。

妻とは違い、超常現象を信じず、あくまで刑事として法と正式な手続きで

事件を解決していこうとする。

 

ヤン・ジンス

ソドン警察署 刑事

チョン・ソンジュンの怪我の経緯を知る妻から、刑事を辞めてほしいと心配される。

フォレストの事件が解決したら、退職し青果店を営もうと計画していた。

 

イ・ファン

フォレストの常務 チン会長の右腕

フォレストの上場を目標に、買収から拉致・殺害までを直接指示していた人物。

会長(狗神)の最終的な野望も知っていたが、お金のために目をつぶっている。

 

 

チョン・ジュボン

ジンギョンの弟子

出来が悪いが、何故かジンギョンに信頼され、それなりの役職も与えられている。

警察に逮捕された際も、優秀な弁護士がついていた。

ジンギョンを裏切ったことがバレ、拷問され、その後心が壊れてしまう。

最後は、精神病院に入院することに。

 

個人的感想:明らかに出来が悪い弟子なのだが、何故かジンギョンに見捨てられず

      弟子として働き続けていた。

      邪念や野心等がない人物ゆえ、ジンギョンが安心出来ていたのでは?

 

 

 

最終的には、二つに分かれている狗神(ペク・ソジン)vs

狗神(チン会長 悪鬼)となり、

ハリーポッター的なエンディングになると想像していた。

ハリーのように、一度は死んだ後に蘇るのか?と思ったが、ラストでは

ペク・ソジンは意識不明のまま。

だが、最後の最後で姿を消していた。

それは、復活したということなのか?それとも?

続編が計画されているようで、とても楽しみ。

更なる悪霊との闘いになるだろうが、彼女自身もパワーアップしていそう。

 

殺され方が独特すぎるので(ねじり過ぎ!)シーズン2は綺麗に殺して欲しい。