映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

キャッシュトラック Wrath of Man (2021)

キャッシュトラック(字幕版)

Yahoo映画よりあらすじ抜粋

現金輸送専門の警備会社フォルティコ・セキュリティ社でキャッシュトラック(現金輸送車)の警備員として雇われた“H”ことパトリック・ヒル(ジェイソン・ステイサム)。彼は選び抜かれた猛者たちの中では地味な存在だったが、強盗に襲われた際に驚異的な戦闘スキルを見せる。その後再び強盗に遭遇した際には、Hの顔を見た襲撃犯たちが金も奪わずに逃げだす。同僚たちが彼の素性をいぶかしむ中、大金が集まる機会を狙った強奪計画が進んでいた。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

目次

 

 

映画「Le Convoyeur」リメイク版

le Convoyeur

2004年のフランス映画「Le Convoyeur」(ブルーレクイエム)のリメイク作品。

現金輸送会社Forticoでは、ギャングに何度も襲われる事件が続いていた。

Alexandre Demarreという人物が新人として雇われ、見事な活躍ですぐに同僚らに

受け入れられるが、私生活は謎のまま。

実は、殺された息子の復讐のために、会社に潜入しており、滞在するホテルの

部屋の壁には従業員らの情報が貼られていた…。

 

 

【ロケ地】フォーティコ警備

ジェイソン・ステイサム演じる“H”が潜入した、運送会社フォーティコ警備。

アメリカ・ロサンゼルス

 

 

【ロケ地】ジャンの自宅

Hの息子を殺害したジャンの自宅。

Nate Starkman & Son:様々な作品のロケ地として使用されている建物。

 

 

【ロケ地】カジノ外観

映画内では、STANWAYS CASINO(スタインウェイズ・カジノ)と紹介されて

いるが、ビジネスセンターのビル。

ホルト・マッキャラニーが演じるブレッドが荷物を運ぶシーン。

 

 

ねたばれあらすじ

新人のパトリック・ヒル

警備会社フォーティコ警備:ロサンゼルスにある現金輸送専門警備会社

欠員を補うため、ヨーロッパ出身のパトリック・ヒル(通称H)を採用する。

採用テストはギリギリの点数で合格。

彼を敵対視する同僚も少なからずいたが、襲撃事件に遭遇したパトリックが

冷静に対処し、襲撃犯全員を射殺、同僚と無傷で生還する。

 

Hの正体

射撃テストをギリギリで合格したHだったが、襲撃犯を一発で射殺したことを

訝しむものもいたが、オーナーは大喜びで彼を讃え、社内ルールを無視し、

Hをすぐに職場復帰させる。

再度、襲撃犯に遭遇したHだが、襲撃犯のリーダーは、Hの顔を見た途端に逃走。

現場にいたブレットは、Hには何か裏があると同僚に相談する。

Hの正体は、伝説のギャング”メイソン・ハーグリーヴズ”だった。

彼は、過去の現金輸送車襲撃事件で一人息子を殺害され、犯人を必死に探していた。

被害者側のフォーティコ警備の職員の中に手引きした人物がいるはずだと考え

経歴を偽装し、潜入していた。

 

犯人グループ

実は、退役した元軍人6名が、襲撃事件の犯人だった。

ハーグリーヴズは、犯罪組織のメンバーらをしらみつぶしに追っていたため

彼らにたどり着けていなかった。

平和で退屈な日々を送っていた彼らは、刺激+お金目当てに強盗を始め、

徐々にターゲットがエスカレートしていき、現金輸送車の強奪をするまでになる。

リーダーである軍曹から、目立たぬよう派手にお金を使うことを止められていたが

ハーグリーヴズの息子を殺害したジャンは、不満げだった。

 

ブラックフライデー

しばらく活動を控えていた犯人グループだが、多額の現金が動くブラック・

フライデーを狙い、最後の強盗と決め計画を練っていた。

ブラックフライデーの前日、フォーティコ警備の金庫には多額の現金が集まっていた。

現金輸送車で会社の車庫に帰る途中、同僚のブレットから襲撃犯の一味だと告白され

協力しないと命はないと脅される。

Hは、ブレットに従うふりをして、犯人らを返り討ちにしようと考えていた。

一人ずつ襲撃犯らを倒していくが、ブレットに撃たれ、軍曹とジャン、ブレットの

3人を取り逃がしてしまう。

 

Hvsジャン

ジャンは、大金を独り占めするために軍曹とブレットを殺害し、自宅へ向かう。

しかし、現金がはいったバックのひとつにHが密かに携帯電話を忍ばせていた。

シャワーを浴びガウン姿のジャンの前にHが現れる。

Hは、自分の息子の死亡診断書をジャンに読み上げるように言い、

診断書に書かれた通りに、ジャンの体を撃っていく。(肝臓、肺、脾臓、心臓)

息子の仇を討ったHは、後始末をFBIのエージェント・キングに頼み、立ち去る。

 

~おわり~

 

 

元の作品である「ブルーレクイエム」のラストを知っていたため

(ラストで主人公は、息子が殺された場所に横たわり、死んでいく。)

Hも死んでしまうのかとハラハラしたが、違うエンディングでホッとした。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wrath Of Man(@wrathfilm)がシェアした投稿