映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

CSI:ベガス #3 隠れた素顔 Under the Skin

WOWOW公式より抜粋

ゲームデザイナーのサンドラが刃物で殺害される。検視の結果、強い力で何度も刺されていたにもかかわらず骨には傷がなかった。アリーは現場周辺を捜査し、ゴミ箱から凶器を発見。それは3Dプリンターで作られた軟らかなナイフだった。犯人の逃走経路沿いの監視カメラには、顔をはっきりと向けた男の姿が写っていた。一方、内部調査局がホッジスの証拠捏造容疑をワショー郡で捜査することに決定したという知らせが届く。

 

以下ネタバレあり

 

 

目次

 

 

 

【ロケ地】フレモント・ストリート・エクスペリエンス

Fremont Street Experience

ラスベガスのダウンタウンにあるエンターテイメント・エリア

第一発見者の女性が、ランニング中に被害者と連絡を取り合うシーン。

ドラマの最初は、やはりラスベガスらしい場所からスタート。

 

 

【ロケ地】目撃者Chuckの逃走シーン

North 3rd Street(奥にThe Mob Museumが見える)

殺害事件を目撃していたチャックが、アリー・ラジャーンとジョシュア・フォルサム

に追いかけられるシーン。

チャックとアリー・ラジャーンのシーン。

この後、すぐに逮捕される。

 

 

 

ゲームデザイナー殺害事件

被害者:サンドラ・キング ゲームデザイナー

発見者:ケリー

目撃者:チャック(ホームレス)

 

チャック証言

被害者は、突然襲われていた。

一度は、犯人を殴って反撃するが、犯人の顔は氷のように固まっていた。

その後、ナイフのようなもので、何度も刺されていた。

目撃者であるチャックは、犯人に追われて、逃げる。

途中、(発見者の)女性がいたことに気づく。

 

物証

・金属より柔らかい素材の刀⇒3Dプリンターで作成

・カラーコンタクト

・ミラー氏の顔のマスク⇒高性能の3Dプリンターで製作したもの

 

歩行認識ソフトウエア

マックスが作った歩き方の3Dモデルを使い、監視カメラに映った犯人の

歩き方と同じ人物を特定する。

⇒ロン・キーン

 

犯行動機

社内コンテストがあり、決勝進出はケリーとロンに。

ケリーが優勝したことが許せなかった。

 

物証発見

ディガービー(Digger Bees)の卵管が、ロンの服に付着していた。

ディガービー:ミツバチ科コシブトハナバチ族

       幼虫は土の中で育つ。巣を掘り返さない限り、人は刺さない。

       ⇒実家近辺で、証拠を埋めていた。燃やしたマスクが発見される。

DNAが検出され、ロン・キーン逮捕。

 

 

 

ホッジス証拠捏造容疑

・証拠保管庫に入った人物のリスト(1年分) マックスが用意

・リストから、容疑者が10人浮上する。

・内部捜査局ノーラ・クロスが担当。

 裁判をベガスではなくワショー郡で行うと決定。:ベガスチームは締め出し。

 

 

ギル・グリッソムの病気

丘酔いのような症状⇒「MAL DE DÉBARQUEMENT」=下船病症候群(MdDS)

一生続くことも、と説明するグリッソム。

グリッソムは、病気と闘いながら、捜査を続けていくことになる。

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CSI: Vegas(@csicbs)がシェアした投稿

 

 

感想

Joe Adlerの姿を見て、犯人だと気付いてしまう。

大好きなドラマ「THE MENTALIST」のJason Wylie役で有名な俳優。

長年ドラマを観続けている弊害ではあるが、仕方がない。

 

ホッジスのほうは、あまり進展がない。

容疑者が10名に絞られたが、これから、ひとりひとり捜査していく

ことになるのだろうか?本当にあの中に犯人がいるのだろうか?

 

グリッソムの病気も心配。

回復してくれればいいが、これ以上サラに苦労させたくない。

 

内部捜査局のノーラ・クロスという、かき回し役が登場。

マックスらを、今後も邪魔していくのか?

それとも、彼女に対抗できる何かが出てくるのか?

次回が待ち遠しい。