映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

プロミシング・ヤング・ウーマン Promising Young Woman (2020)

プロミシング・ヤング・ウーマン(字幕版)

WOWOW公式サイトより抜粋

カフェのアルバイト店員として働く、アラサーの女性キャシー。実はかつては優秀な医大生で、明るい未来を約束されていたものの、ある不幸な事件をきっかけに彼女は医大を中退。今では夜ごとバーに出向いては泥酔したフリをして、彼女に近寄って来る男たちに思いも寄らぬ罰を下す、奇妙な行動を繰り返していた。そんなある日、かつての大学のクラスメイトで今や小児科医となったライアンが、カフェを訪れてキャシーと再会し……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

目次

 

 

 

 

アカデミー賞脚本賞授賞

Best Original Screenplay

アカデミー賞5部門にノミネートされ、オリジナル脚本賞を受賞。

 

 

復讐の天使

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Promising Young Woman(@promisingyoungwoman)がシェアした投稿

キャシーを復讐の天使として象徴的に映し出されているシーンが、いくつも

ありました。

上記のイラストのシーンは、天使の輪を連想させます。

他にもヘッドボードやソファーが天使の羽のように映るシーンや、

レストランでの頭上の丸いデザインが、天使の輪のように見えるシーンもあります。

 

 

 

Promising young man(有望な若者)

タイトルの由来になったのでは?思われる2016年の事件。

スタンフォード大学の有名なアスリート選手だったBrock Turnerが

酩酊状態で意識不明の女性をレイプし、逮捕されたという事件。

アーロン・ペルスキー裁判官が、判決を州刑務所での6年から郡刑務所での6か月に

短縮した理由について、加害者を「有望な若者」であると説明し、大問題に。

Wikipedia(英語):People v. Turner

 

 

 

ラスト二転三転 ※ネタバレ注意

監督は当初、キャシーの死体を燃やすシーンで映画を終える予定だったが

プロダクション側からネガティブな結末を反対されてしまう。

次に、キャシーが結婚式に現れ、ターゲットを殺害するという結末も考えたが

非現実的だと考え、ボツに。

キャシーのように細心の注意を払い、計画をたてる人物は、自分が死ぬ可能性も

含めて準備をしていたと考え、今のエンディングになったと説明している。

参考:VARIETY Let’s Talk About the Knockout Ending of ‘Promising Young Woman’

 

 

【ロケ地】ハンバーガー店

Everest

キャシーとライアンのファーストデートで利用したハンバーガー店

 

 

【ロケ地】マディソンと再会した店

レストラン”Jar”(ロサンゼルス)

キャシーがマディソンと再会した店。

彼女を酩酊させ、キャシーが雇った男が彼女をホテルに連れて行く。

 

 

【ロケ地】若い女性を車に誘い込む

Mountain View Mausoleum(墓地)

Dean Walkerの娘のAmberを車に招き入れ、スマホを手に入れるシーン。

学校の前という設定だが、実は墓地!

 

 

【ロケ地】バチェラーパーティー&結婚式

Canyon Ranch Film Location(スタジオ)

バチェラーパーティーの山小屋と結婚式のシーン。

 

 

 

ネタバレあらすじ

7年前の事件

オハイオコーヒー店で働くキャシー。医大を中退し、両親と同居中。

7年前に幼馴染の親友ニーナが、酩酊状態の時に、同じ医大生のアル・モンローに

レイプされるという事件が起こる。

彼女は学校に事件を報告するが、学校側は彼の“有望な青年の未来”を考え

事件をうやむやにし、ニーナの訴えを信じる学生は、キャシー以外誰もおらず、

心を病んだニーナは自殺してしまう。

 

男たちを成敗

キャシーは、クラブやバーで酩酊状態のフリをして、性行為目的で近づいてくる

男たちに制裁を加えることを生きがいにしていた。

ノートには、何人もの男らの名前と人数が書き込まれていた。

 

ライアン・クーパーとの再会

キャシーは、職場で医学部の同級生ライアン・クーパーと再会。

彼から、アル・モンローの近況を知らされる。

紳士な態度のライアンに、キャシーは好印象を持つ。

 

マディソン・マクフィ

キャシーは、ネットでアル・モンローの情報収集をしている時に

同級生のマディソンの名を見つける。

彼女は二人の子供を持つ母になっていた。

キャシーは、マディソンに連絡し、レストランで再会。

マディソンは、当時、被害者であるニーナに冷たい態度を取った女性だった。

当時のことを話しても、マディソンは反省している様子はない。

キャシーは、マディソンを泥酔させ、雇った男にホテルに連れ込むよう依頼する。

目を覚ましたマディソンは、自分がホテルに男性といることに気づき

キャシーに何度も留守電を残すが、キャシーは無視することに。

 

学部長エリザベス・ウォーカー

キャシーは、次に、“証拠の欠如”を理由に訴訟を却下した、学部長のエリザベス・

ウォーカーを復讐のターゲットに選ぶ。

彼女の娘アンバーが夢中になっている人気バンドのメイクアップ・アーティストを

装い、アンバーを車に誘い込み、彼女のスマホの入手する。

キャシーは、学部長のもとに復学依頼を理由に会いに行き、当時の事件について

追及するが、彼女はニーナの名前させ覚えておらず、訴訟があるたびに前途有望な

青年の人生を潰せというの?と言い、”疑わしきは罰せず”だと答える。

キャシーは、学部長の娘をニーナが被害にあった部屋に住む男性に紹介したと言い

彼女のスマホを学部長へ渡す。

学部長は動揺し、娘は何処だと叫ぶも、キャシーは居場所を答えない。

ショックを受けた学部長が、ついに「あなたが正しい。」と言うと、キャシーは

愛する人だと見方が変わる。」と言い、娘の居場所を教え、立ち去る。

 

弁護士ジョーダン・グリーン

キャシーは、次にアル・モンローの弁護士だったジョーダン・グリーンに

会いに行く。

彼は、ニーナに嫌がらせをして起訴を取り下げさせた弁護士だったが

精神的な病で弁護士を辞めた後、過去に扱った案件を悔い、反省し不眠に

悩まされていた。

彼は、キャシーに対し許しを請い、キャシーも苦しむ彼を許すことに。

 

復讐中断

キャシーは、ライアンに、酔ったふりをしたキャシーに近づいてきた男と一緒に

いるところを見られ、彼と揉めるが、彼に謝罪をし、彼と正式に付き合い始める。

ニーナの母からも、前に進むよう言われ、復讐計画を一旦、中断させる。

 

マディソンの携帯電話

マディソンは、電話に出ないキャシーのもとを訪ねてくる。

あの日、何があったか尋ねるマディソンに、キャシーは何もなかったと答える。

マディソンは、ニーナのレイプビデオが保存されている当時の携帯電話を渡し

二度と連絡をしないでと言い、立ち去っていく。

恐る恐るビデオを見たキャシーは、レイプ現場にライアンがいたことを知り

ショックを受ける。

 

最後の復讐

キャシーは、レイプビデオを公開するとライアンを脅し、アルの独身パーティー

何処で行われるのかをライアンから聞き出す。

キャシーは、ストリッパーを装い、独身パーティーに潜入。

アルの友人らに薬入りのお酒を飲ませ、アルを二階へ連れて行き、手錠で両手を

固定する。

キャシーは素性を明かし、復讐のために現れたことをアルに知らせる。

アルの腹部にニーナの名前を刻もうと馬乗りになった瞬間、暴れたアルの片手の

手錠が取れ、2人はもみ合いになり、アルはキャシーを窒息死させる。

 

ネタバレラスト

アルは、目を覚ました友人のジョーに相談し、キャシーの死体を燃やすことに。

キャシーの両親は、警察に失踪届を提出。ライアンのもとにも警察が来るが

彼はキャシーがアルのパーティーへ行ったことを伏せ、精神的に混乱していたと

説明をする。

アルは、予定通りに結婚式を挙げ、ライアンも式に参列していた。

そんなライアンのもとに、失踪中のキャシーからメッセージが入る。

動揺し、周囲を見渡すライアン。

しばらくすると、パトカーのサイレンが結婚式場に近づき、アルはキャシー殺害

容疑で逮捕される。

実は、キャシーは、弁護士のジョーダン・グリーンに証拠の携帯電話を託し

自分が失踪した場合、警察に届けて欲しいと手紙に書き残していた。

警察は、独身パーティーが行われた山小屋近辺を捜索し、灰になったキャシーを

発見していた。

~おわり~

 

 

日本では、性的犯罪の被害申告率は2割程度だという。

セカンドレイプ被害も問題だと思う。

ある女性ジャーナリストが、性被害を訴えるも

ネット上では、彼女の訴えが虚偽だという内容のイラストや書き込みが広まり

問題になったことも記憶に新しい。

 

NHKの福祉情報ネットサイト ハートネット

性暴力被害 あまりに知られていないその実態 という記事がある。

性被害の75%が顔見知りの犯行。

誰にも相談出来なかった人が7割だという。

周囲の反応にも苦しめられる人が多いと書かれている。

(何故逃げなかった?とか、家族の恥だと言われることも。)

そして、たとえ裁判が終わったとしても、被害者の苦痛は一生続いていく。

 

日本にもキャシーのような復讐の天使が現れて欲しい。