映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

国民の僕 Слуга Народа  S1 #3

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Слуга Народа(@sluga95)がシェアした投稿

Netflixより抜粋

就任式を間近に控え、ゴロボロジコ大統領は用意された演説を覚えるのに苦労する。

そんななか、ナターシャの元カレがよりを戻そうと玄関口に現れる。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

ロケ地 教師の館

Педагогический музей (Киев)

大統領就任式を行う会場のシーン(外観のみか?)で撮影。

 

 

 

 

以下ネタバレあらすじ

 

 

メルケル首相じゃね~よ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Слуга Народа(@sluga95)がシェアした投稿

ゴロボロジコ大統領は、大統領就任式のスピーチの練習をひたすらさせられる。

口の中にくるみを入れ、活舌を良くする練習まで。

その後、就任式に出席する各国のリーダーとの会談時の練習も。

メルケル首相に似せた女性での練習から始まり、

サルコジプーチン(!)に似た人も登場。

プーチンは最終的に「失せろ!」と言われていた。

ベラルーシのルカチェンコ大統領役登場時は、立ち上がるなと指導される。

 

 

元妻と息子登場

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Слуга Народа(@sluga95)がシェアした投稿

大統領に元妻オリヤから電話が入り、息子との約束を思い出す。

2人で動物園に行く予定だったが、警護責任者のトリクが指示を出し

結局、動物園には行けず、商業施設内のメリーゴーランドに乗ることに。

周囲は、大勢のSPが警護をし、息子との再会はあっという間に終わってしまう。

 

 

大統領就任式

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Слуга Народа(@sluga95)がシェアした投稿

大統領就任式でのスピーチは、用意された原稿を読むだけのもの。

そんな時に、尊敬するリンカーン大統領の幻影が現れ、

「君らしく」というアドバイスをもらう。

就任式当日、会場には家族も学校の生徒らも出席していた。

ゴロボロジコ大統領は、用意されたスピーチを練習通りに読み始めるが

高校での授業を思い出し、「自分の言葉で正直に」話そうと決意する。

 

「約束は出来ない。

 嘘はつけない。

 人間として恥じない行動を

 子供や親たちに、貴方たちに、ウクライナの皆さんに約束する。」

 

とスピーチをする。

~つづく~

 

 

 

人間として恥じない行動

 

ドラマではあるが、ゼレンスキー大統領は、ドラマでの役柄の大統領の

信念を貫いているように思える。

ドラマのように、奴に「失せろ!」と言ってやりたい。