映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

「凍てつく楽園」~消えた琥珀色の雫~ Morden i Sandhamn Angelica

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🌼Kändisnyheter🌼(@kandisnyheter)がシェアした投稿

WOWOWより抜粋

ノラは数年前に行方不明になった女性アンジェリカの殺人容疑でその夫を起訴しようとするが、証拠不十分として棄却される。一方、ナッカ署の刑事アレクサンデルは連続する住居侵入窃盗事件の容疑者シルヴェスターを逮捕。シルヴェスターはステンマルクの家から年代もののウィスキーを盗んでいたのだが、実はある秘密を隠し持っていた。
スウェーデンのリゾート地、サンドハムン島を舞台に繰り広げられる大人気北欧サスペンス第14弾。

以下ネタバレ注意

 

あらすじ

 

アンジェリカ・ストランベリ失踪事件
検察官:ノラ・リンデ(主人公)
アンジェリカ殺害の容疑者として、夫のレオナルド・ストランベリが逮捕されるが、死体が発見されず、証拠が出ないため、棄却される。

連続盗難事件
船で移動しながら、各島で泥棒を重ねていた犯人を追っていた刑事のアレクサンデル・フォースマンらは、張り込みの末、犯人を逮捕。
犯人:シルベスタ・マルケル(45歳)
モナコ在住だが、スエーデンに戻るたびに泥棒を重ねていた。逮捕されたシルベスタは、検察官のノラ・リンドとの面会を希望する。

取引
窃盗犯のシルベスタと面会したノラは、シルベスタから取引を持ち掛けられる。彼は、アンジェリカ・ストランベリの失踪事件の証拠を持っていると言って、証拠が隠してあるフレデリクスボー要塞の鍵を渡し、警察には言わず、ひとりで行ってほしいと頼む。

フレデリクスボー要塞
ノラは、助手とともに証拠を見つけるために、フレデリクスボー要塞へ忍び込む。
シルベスタの愛人に銃を向けられるが、事情を説明し、話を聞くことが出来た。彼女は、美術商のシルベスタの愛人で、離婚後フランスへ移住しようという彼の嘘を信じ、盗品保管庫の警備をしていた。
保管庫から、アンジェリカが失踪した日に撮影された不倫現場の写真を発見するが、相手の男性は、ノラが親しくしていた刑事アレクサンデルの相棒の刑事ステンマルクだった。
ノラは、アレクサンデルを呼び出し、フレデリクスボー要塞の鍵を渡し、失踪したアンジェリカの不倫相手が彼のステンマルク刑事だと証拠の写真を見せる。

死体発見
ある工事現場から、アンジェリカ・ストランベリの死体が発見される。
死体から第三者のDNA(精液)が発見されたと報告が入る。
観念したステンマルクは、アレクサンデルにアンジェリカとの不倫のいきさつを話し始める。こんな俺に興味を持ってくれた女性を拒絶できなかったと説明。彼女が夫に支配されて恐れていたため、自ら失踪したのでは?と考えるようになったと話す。

弁護士からの提案
シルベスタの弁護士が、レオナルド・ストランベリの自宅を訪れる。シルベスタの出所後、一生涯彼の面倒を見るよう提案をしてくる。レオナルドに、彼の自宅の防犯カメラのデータから、彼が妻のアンジェリカの首を絞めている時の画像を見せ、立ち去る。

シルベスタの移送
ノラの指示で、シルベスタの移送が極秘に行われることになるが、シルベスタの命を狙うレオナルドは、部下に命令し、ノラの助手のカールを拷問し、移送予定を吐かせる。
シルベスタの車が襲われ、シルベスタは車体の下に隠れるが、車ごと爆破される。

要塞での戦い
妻に愛していると告げ、ステンマルクは一人でフレデリクスボー要塞へ向かった。
部下からシルベスタ殺害の報告を受けたレオナルドも、証拠の品を探しに忍び込んでいた。レオナルドは、シルベスタの愛人を人質に取るが、ノラとアレクサンデルも現場に到着。ステンマルクを撃ち、逃走したレオナルドをノラが倒し、逮捕。

ラスト
ノラの助手のカールが発見される。彼はノラにやわでへなちょこだと思われたくなかったと本音を話し、お酒は飲めず、ゲイだと告白。ノラは、カールにありのままで良いと話す。
レオナルドの部下に襲われたシルベスタだが、実は生き延びており、彼は愛人とノラが彼を埋葬する様子を遠くから見守っていた。

~おわり~

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Viveca Sten(@vivecasten)がシェアした投稿

左端は、原作者のヴィヴェカ・ステンさん。
作家兼、弁護士で、ドラマの舞台になっているサンドハムン島は、幼い頃、毎年訪れていた島だという。

 

ノラの私生活

男運がないノラの私生活にも様々な出来事がありました。

①窃盗犯シルベスタ・マルケル
窃盗犯のシルベスタに気に入られていたノラ。
ボッティチェッリの有名な絵画「ヴィーナスの誕生」のヴィーナスの顔をノラにして描いていたり。実は生き延びていたという設定なので、今後も登場する可能性大。
ノラを手助けする可能性があるのでは!?

②刑事アレクサンデル・フォースマン
ノラと確実に良い雰囲気だったアレクサンデルだが、失踪していた妻ヴィッキーが現れ、元さやに。とはいえ、妻とは良い関係ではなさそうで、ノラに未練あり。
今までのパターンでは、ノラに未練がありつつも、妻とは別れられずそれきりに。

③元夫ヘンリック
ノラが何故こんな男と結婚したのかいまだに謎な、バカ(元)夫。
ノラが住んでいるサマーハウスを買い取ろうと考え、ノラは幸せだった結婚生活の思い出に浸るためにサマーハウスに住み続けていると話す。
過去の恋人は皆、今でも俺のことが好きなはず、と考える典型的な勘違い野郎。
そのくせノラの友人と再婚し、彼女が妊娠したと嬉しそうに報告。
次回の被害者は、アイツにしてほしい。

④ヨナス
ヘンリックとの離婚後、再婚したパイロット。
病院で元夫ヘンリックの再婚相手が妊娠したことを知り、泣いていた時に再会する。
ヨナスの浮気で離婚になったためノラはよそよそしい態度を取るが、Aviophobia(飛行機恐怖症)になりパイロットを辞め、現在独り身のヨナスは、ノラとよりを戻したい様子。
お互い独り身でワインを飲むぐらいいいだろう?と言われ、ノラも彼を自宅に招待したようだが、どうやらお泊りパターンに。
ノラよ、いいのかそれで!?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alexandra Rapaport(@rapaportalexandra)がシェアした投稿

 

次のエピソードをこれから視聴!
何か、ノラの私生活に進展はあるのか?