映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

ビルド・ア・ガール How to Build a Girl (2019)

How to Build a Girl [Blu-ray]

youtu.be

WOWOWより抜粋

1993年、イギリスの地方都市で、売れない元ドラマーの父親や、生まれて間もない双子の赤ん坊の世話に追われる母親らと暮らす16歳の高校生の少女、ジョアンナ。作家志望で日頃自らの文才を持て余していた彼女は、音楽マニアの兄クリッシーの勧めで、大手音楽情報誌〈D&ME〉のライター募集に応募。以後、彼女は、奇抜なファッションに身を包んだ辛口の音楽ライター〈ドリー・ワイルド〉として人気を博すようになるが……。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

目次

 

 

キャトリン・モラン(カメオ出演も)

How to Build a Girl: A Novel (P.S. (Paperback)) (English Edition)

youtu.be

イギリスのジャーナリスト・作家・テレビ司会者のキャトリン・モランの自伝的小説「女の子を作る方法」が原作。この作品は、三部作の第1作目で、この後に「有名になる方法」(How To Be Famous)、「世界を変える方法」(How To Change The World)という作品が続く予定。

原作者のキャトリン・モランは、映画にカメオ出演しています。

フェイス・マガジンでの面接の際、廊下を会話をしながら歩く女性が2人映りますが、左側の女性がキャトリン・モランです。

 

 

1か月同居生活

youtu.be

主役のジョアンナ・モリガンを演じたビーニー・フェルドスタインは、アメリカ・カリフォルニア州出身の女優さん。

映画の舞台にもなったイギリスのウォルヴァーハンプトンに、監督のコーキー・ギェドロイツと共に1か月滞在し、アクセントを身につけたと言われている。

ビーニー・フェルドスタインは、地元の書店でアルバイトもし、アクセントを学んだようだ。

 

 

ロケ地 ウォルヴァーハンプトン

Wolverhampton Railway Station

新聞に出ていたライター募集の面接が決まり、喜んで駅に向かうシーン。

www.expressandstar.com

こちらの記事の写真でも確認できます。

 

 

ロケ地 ウォータールー橋

Waterloo Bridge

地図を片手にロンドンの雑誌社での面接に向かうシーンに映るのはウォータールー橋。

 

 

ロケ地 買い物シーン

ジョアンナ・モリガンが、「9ポンド48で大変身できる」と言って、買い物に行くシーン。買い物に行き、外見を大変身させ、ジョアンナは“ドリー・ワイルド”に変身する。

その後、新聞に記事に載ったことを確認した後、父のツケで雑誌やお菓子を山ほど購入する。(Happy Wokの左隣の青枠の店)

 

 

ラストのセリフ

ネタバレ注意

So, what do you do when you've built yourself, only to realize you've built yourself with the wrong things?

ねえ、自分作りの途中で、道を間違えたと気づいたら?

You rip it up and start again.

やり直せばいい。

Build it up and tear it down. Endlessly, repetitively, unceasingly. Invent, invent, invent. 

作っては壊すの。諦めずに何度でもね。変化し続ける。

What will eventually be you?

結果どうなるか?

One day, you'll marvel over what you did.

ある日、きっと気づく。

Marvel over how you tried to keep the loud, drunken, laughing, cutting, panicking, unbearably present secret of yourself - when really you were just about as secret as the moon.

うるさくて、酒飲みで人を傷つける、そんな自分を隠しても無駄。自分自身が謎なんだもん。

And as luminous under all those clothes. And how, like all the best quests, you did it all for a girl. You.

おしゃれして輝いて、冒険の目的を知るの。全て1人のため。あなた自身よ。

 

 

ねたばれあらすじ

16歳のジョアンナ・モリガン

イギリス・ウォルヴァーハンプトン市営住宅)在住

父:パット 売れない元ドラマー

母:アンジー 産まれたばかりの双子の世話に明け暮れる母

兄:クリッシ

弟:ルーピン

+幼い双子の7人家族。

ジョアンナの夢は、作家になること。

寝室の壁には、彼女の憧れる人の切り抜きがびっしりと貼られていた。

 

アルバイト

ある日、詩のコンテストに選ばれたジョアンナは、テレビに出演するが、父が違法にボーダーコリーを繁殖させていることをうっかり公表してしまう。

家族のため、お金を稼ごうと考えたジョアンナは、クリッシから音楽紙”D&ME”がロックの評論家を募集していることを教えられ、「アニー」のサウンドトラックのレビューを郵送する。

面接の連絡が入り、ジョアンナは大喜びでロンドンのオフィスに向かうが、スタッフが「アニー」のレビューは悪ふざけで送られたものかどうか賭けをし、呼び出されていたことが判明する。

ジョアンナは、チャンスが欲しいとスタッフを説得し、バーミンガムのロックバンドの取材に行くよう命じられる。

 

ドリー・ワイルド

ペンネームを”ドリー・ワイルド”に決めたジョアンナは、貯金をはたき、髪を赤く染め、派手なファッションに身を包み、生まれ変わってアルバイトに没頭。彼女の記事は採用され、生活にも余裕が生まれていく。

D&MEの上司から、ミュージシャンのジョン・カイトにインタビューするよう言われたジョアンナは、飛行機に乗りダブリンへ出張へ行くことに。

ジョアンナを気に入ったジョンは、彼女をステージ上へも連れて行き、二人は心を通わせていく。ジョアンナは、ジョンに夢中になり、彼の特集記事を書くが、編集者からはミュージシャンに夢中になった十代の少女が書いた内容だとがっかりし、記事を却下され、クビになってしまう。

 

人気音楽評論家

ジョアンナは、批判こそが成功への道だと考え、故意に辛辣な内容の記事を書き始め、D&MEに再雇用される。彼女は、人気評論家となり、執筆の収入で家族を養えるようになっていた。名声とお金を得たジョアンナは、性的にも活発になっていく。

ジョアンナの父パットは、娘の力で音楽業界に返り咲こうとするが、D&MEの編集者たちからこき下ろされてしまう。

音楽業界のイベントで受賞したジョアンナは、会場でジョンと再会。酔ったまま告白し、キスをしようとするが、ジョンに断られてしまう。

翌朝、ジョアンナはジョンについての記事を書き、以前プライベートで話した個人的な内容まで記事にしてしまう。

 

自暴自棄

ジョアンナは学校を中退し、生活が荒れていく。

両親らは、彼女に注意をするが、家族はジョアンナの収入で暮らしているため逆らえなくなっていた。

その後、D&MEのフルタイムの職を得るが、実は編集者らが裏でジョアンナの悪口を言っていることを知り、彼らに反論したのち、仕事を辞め帰宅する。

帰宅したジョアンナに、ジョアンナの記事を読んだジョンからの電話について聞かされる。仕事もジョンとの友情も失ったジョアンアは、手首を切り自殺しようとし、音楽イベントで受賞したトロフィーが頭に落ちたところで意識を失う。

 

再出発

今までの辛辣な記事の償いのため、ジョアンナは批判したすべてのミュージシャンに謝罪しようと考える。また、自傷行為に関する記事を書いていく。The Face誌に採用されたジョアンナは、定期コラム「Building a Girl」を書くことに。

その後、ジョンに会いに行ったジョアンナは、記事について謝罪し、ボツになったジョンの記事を読んでほしいと手渡す。さらに謝罪のしるしとして、彼女の髪の毛の束を渡す。

ジョンはジョアンナを許し、改めて友達として付き合っていくことに。

ジョアンナは、映画の観客に向かい、何度失敗しても諦めずチャレンジし、変化して前へ進んでいこうとアドバイスをする。

~おわり~

 

 

youtu.be

 

 

感想

優秀だが風変わりなため、学校では何かとターゲットになりやすいジョアンナ。

そんな彼女が、文才を認められ、音楽業界で記者として活躍していく。

単なる青春モノとは違い、毒がある作品だが、主人公が”磨けば光る美女”というよくある設定ではないのが良かった。

最初から最後までハラハラしながら見守っていたので、最後にエマ・トンプソンが登場した時に妙にほっとしてしまった。安心感!

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alfie Allen(@alfieeallen)がシェアした投稿