映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

チェンジデイズ 체인지데이즈 S2 全16話

韓国の恋愛リアリティショー「チェンジデイズ」。
様々な悩みを持つ4組のカップルが、毎日デート相手を変えながら、同じ家で2週間過ごし、最後の日に「恋愛関係を継続する」「新たな人を恋人に選ぶ」「1人で帰る」という3つの選択肢を迫られることになる。

以下ネタバレ注意

 

MC4名

①양세찬 コメディアン

②CODE KUNST 歌手

③장도연(コメディアン)

④허영지 歌手(KARAのメンバー)

 

カップル4組

①キム・ドヒョン&キム・ジユ

キム・ドヒョンさんは、数学教師。
キム・ジユさんは、美容系のYoutuber。
2人は一度別れたのち復縁しているが、ジユさんは別れた時のトラウマがあり、ドヒョンさんに気を使い、本音を伝えられずにいる関係に苦しんでいた。

 

②キム・テワン&キム・テヨン

キム・テワンさんは、ジムトレーナー。
キム・テヨンさんは、幼稚園教諭。2歳年上の彼女。
テヨンさんは、年下の彼氏であるテワンさんを頼りなく感じている。
テワンさんは、テヨンさんに夢中だが、嫉妬深いイメージ。

 

③イ・ジョンフン&チェ・ヒヒョン

イ・ジョンフンさんは、元アイドル。TSTというアイドルグループで活動していました。Youtube動画で金髪の男性が、ジョンフンさんです。
チェ・ヒヒョンさんは、ピラティススタジオを経営。
ジョンフンさんは近々徴兵される予定で、27歳のヒヒョンさんが2年間彼を待ち続けらえるのかが問題になっていた。

 

④ミン・ヒョギ&チェ・ユンスル

ミン・ヒョギさんは、俳優。
チェ・ユンスルさんは、大学生。
2人は、今まで何回も別れては復縁してきたというカップル。

 

撮影に使われた場所

宿泊施設がある場所は、韓国・済州島

感想

※ネタバレ注意

キム・テワンさん&キム・テヨンさん
9月18日から突然Youtubeをスタート。笑

リアリティ番組とはいえ、ある程度の台本や演出はあるだろうと斜に構えて視聴。
そもそも、このような番組に出ようとする人は、目的があってのこと。

個人的に気になったポイント
・異性へのボディタッチ多め+ボディコンシャスな服を好むテヨンさん。
・への口で表情が変わらず、始終不機嫌に見えるユンスルさん。
・いつも穏やかな表情で控えめなジョンフンさん。
・大きい瞳をカッと開きっぱなしの気が強そうなヒヒョンさん。
当初、この4人が癖がありそうで注目していた。

 

クールに見えたヒョギさんが、意外にも尽くすタイプで、後半に「ヘルパーみたい(に尽くしている)。」と飲みの席で言われていた。
尽くしてきたことに対し、彼女に見返りを求めたことで、関係が悪化していくことになる。
そんなヒョギさんを見るたび、相田みつをさんの有名な詩がいつも頭に浮かんでいた。
『あんなにしてやったのに 「のに」がつくとぐちが出る』

 

一番インパクトがあったシーンは、男性陣、女性陣別れての飲み会のシーン。
ヒヒョンさんが、突然ジユさんにマウント発言をし、場が凍り付く。
それまで、ヒヒョンさんはサバサバ女子という印象だったが、突然「ジョンフンは、私のもの!絶対誰にも渡さない!」という態度をとるようになる。
アイドルだったジョンフンさんとの付き合いを公に出来ず、二人で出かけることもほとんどなかったという。「20代のほとんどをジョンフンに捧げた。」という発言もあったので、気持ちはわからなくもないが、突然の豹変ぶりにびっくり!
逆に、ヒヒョンさんに突然噛みつかれたジユさんの肩や背中をさすって、フォローしていたユンスルさんの様子にも驚いた。いつもクールなユンスルさんだが、素の優しさが垣間見れて良かった。

番組的には、海外の似たようなリアリティ番組のように、別の異性に色目を使ったり、恋人を捨て新たな人を選んだりすることを望んだのだろうが、4組中3組は元のさやにおさまり、番組は終了。
海外の番組と違い、派手な面白さはないが、同じアジア人として共感出来る範囲で番組が終わり、少しほっとしていた。