映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

イーディ、83歳 はじめての山登り Edie (2017)

イーディ、83歳 はじめての山登り(字幕版)

83歳になるまでの30年間、夫の介護に追われ自分の人生を諦めていたイーディ。 娘から老人施設への入居を勧められ、施設でこのまま死ぬのかと絶望していた時、ある店で店員から「いつだって手遅れなんてないよ!」と言われ、夢だったスイルベン山に登ることを決意する。その後、偶然出会った地元の登山用品店の青年を雇い、山頂へ登る訓練を始める。

以下ネタバレ注意

 

ロケ地 スイルベン山

Suilven Mountain
イーディが目指したスコットランドの山。

 

ロケ地 インヴァネス

Inverness railway station

イーディが降り発った駅。

 

ロケ地 滞在した村

Lochinver
イーディが山登りのために滞在した村。

 

83歳での挑戦

主人公イーディを演じたのは、大英帝国勲章を受章したイギリスの大女優シーラ・ハンコック。撮影時は、主人公と同じ83歳!スタントは無しで、実際に山に登り、クルーと共に過酷な撮影に挑んだ。

感想

自分の気持ちを抑え、モラハラ夫の介護に30年。
主人公のイーディは、娘に言われるがまま介護施設に入り、人生が終わるのか…とあきらめかけた時に、ひらめいたアイデア
貯めたお金を握りしめ、勢いのまま、スコットランドへ向かう。

途中で出会ったジョニーに助けられながらも、登山に挑戦する。
最初は、お金目当てだったジョニーだが、イーディとの友情が芽生え、彼女をサポートし続けていく。
実は、ジョニーも都会に出ることを諦め、地元で細々と登山用品店を経営しているという設定。彼もイーディの挑戦に刺激を受けていく。

2人が登頂に成功したところで映画は終わる。
もっと、続きがあっても良さそうに思えたが、あえてここで終えることが良いのかもしれないと考えなおした。
83歳と高齢だが、イーディの本当の人生がここから始まっていく。
そして、イーディに刺激を受けたジョニーも、これからの人生を前向きに生きていくだろう。
そう想像させてくれる、良いエンディングだった。

この先、イーディと同じ83歳になった時に、同じように新しい何かに挑戦したいと思えるよう体づくりしていきたい。
「今日が人生で一番若い日」だと生きていこう。