映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

アダム&アダム The Adam Project (2022)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Adam Project(@theadamproject.movie)がシェアした投稿

映画.comよりあらすじ抜粋

科学技術が発達した2050年。戦闘機パイロットのアダム・リードは、あることをきっかけに、「タイムトラベル技術の発明を阻止し、未来の世界を救う」というミッションに挑むことになる。全ての鍵を握る2018年の世界に向かうアダムだったが、アクシデントに見舞われ、到着したのは2022年の世界だった。そこでアダムは、いじめられっ子だが生意気盛りだった12歳の自分に出会う。大人と少年の2人のアダムは、かみ合わないながらも時空を超えた冒険を繰り広げ、その中で次第に絆を育んでいく。

 

以下ネタバレあり

 

 

目次

 

 

映画「Free Guy」「Redpool」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryan Reynolds(@vancityreynolds)がシェアした投稿

本作品で主演を演じたライアン・レイノルズ主演の

「Free Guy」「Deadpool」にちなんだシーンがありました。

 

「Free Guy」でもライトセーバーなシーンがある。

 

他にも3人でキャッチボールをするシーンがあるが、グローブ等が入れてある

箱のふたに、Deadpoolと、父ルイス・リードを演じたマーク・ラファロ

演じた「アベンジャーズ」シリーズの(超人)ハルクのシールが貼られていた。

(映画1:31:04頃、一瞬だけ映ります。)

 

 

 

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」

映画の中に登場したモーテルの名前は、Pine Ridge Motel。

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」での貴重なシーンに登場する

モール名には、“PINE”がついており、同じタイムトラベル映画として

名付けたようだ。

 

また、アダムが飼っている犬の名前は“ホーキング”。

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で、ドクの愛犬の名前は

1955年の時は“コペルニクス”、1985年の時には“アインシュタイン”という名前の

犬を飼っており、それにちなんで理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士

から名付けられたようだ。

 

 

タイムトラベル作品3作目

父ルイスを演じたマーク・ラファロは、タイムトラベル映画は、これで3作目。

1作目は、アダムの母エリー役を演じたジェニファー・ガーナー主演の作品

「13 Going on 30」(2004)。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jennifer Garner(@jennifer.garner)がシェアした投稿

ジェニファー・ガーナーの公式instagramで紹介された比較写真。

 

2作目は、ブルース・バナー(ハルク)役で出演した大ヒット作品

アベンジャーズ/エンドゲーム」。

 

 

【ロケ地】横断歩道のシーン

2人のアダムが、買い物に行くシーンで登場する横断歩道。

エスバンクーバーのマリーンDr。

 

【ロケ地】RAINIER PHAMACY

上の横断歩道を渡り、立ち寄った薬局。

大人のアダムを待つ間、外で待っていた子供のアダムが、いじめっ子に絡まれる。

実際の店名は、SHOPPERS DRUG MART

 

【ロケ地】Blarney Stone

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shawn Levy(@slevydirect)がシェアした投稿

母エリーと、未来から来たアダムが出会ったアイリッシュ・バー。

カナダ・バンクーバーにあるBlarney Stone。

 

【ロケ地】大学のシーン

生前の父に会いに行くが、言い争いになり殴るシーン。

ブリティッシュコロンビア大学化学棟前

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Walker Scobell(@walker.scobell)がシェアした投稿

 

 

ネタバレあらすじ)

2022年へタイムトラベル

2050年、空軍大尉であるアダム・リードは、タイムトラベルが出来る

タイムジェットを盗み、妻ローラを探しに2018年へ行こうとするが攻撃を受け

仕方なく座標を変え、2022年へ到着する。

 

12歳の自分と再会

2022年に不時着したアダムは、12歳の自分と再会する。

タイムジェットを直すために、12歳のアダムの助けを借り、

妻ローラを探していることを話す。

すぐに、ソリアン・テクノロジーズ社のCEOのマヤ・ソリアンらに発見され

攻撃を受けるが、突然ローラが現れ、3人はローラのコテージへ逃走する。

 

タイムマシン破壊

ローラは、ソリアンがたびたび過去にタイムトラベルをし、野望のために

過去を変えてきたことを知ったため、暗殺されそうになり、

やむなく過去にとどまることになったと説明。

ローラは、アダムらに2018年に戻り、父親のルイスが発明した

磁性粒子加速器"アダム・プロジェクト"を破壊してほしいと頼む。

ローラは、アダム達のために自分を犠牲にし、ソリアンに殺害される。

 

亡くなった父との再会

2018年、2人のアダムは、大学で講義をしている父の元へ。

父はすぐに、未来から来たアダムと気づく。

アダムは、父に説明し、マシンを破壊するよう頼むが

ルイスは倫理的・科学的な理由から、断り続ける。

仕方なく、2人だけで破壊しようと、ソリアン・テクノロジーズ社へ向かうが

すぐに、未来から来た軍隊に攻撃されてしまう。

そこに父ルイスが現れ、2人を救い、マシン破壊に協力することに。

 

磁性粒子加速器を破壊

リード親子vsソリアン(軍)とバトルの中、マシンに損傷を与えることに成功。

マシンが巨大な磁場となり、アダムに発砲したソリアンの徹甲弾が、

磁場に引き寄せられ、若きソリアンに命中し、未来のソリアン共に死亡。

3人はギリギリのところで、爆発から逃れることが出来た。

 

父とのキャッチボール

自宅に戻った父に、アダム達は彼の死について説明しようとするが

過去を変えることはできないと、話を遮り、二人のアダムが自分の未来であり

この目で見られたことがこの上なく幸せだと語る。

3人は、キャッチボールをはじめるが、すぐにアダム達はルイスの目の前から

消えてしまう。

 

2022年のアダム

2022年に戻ったアダムは、父の死を受け入れ、学校へ行く前に母を強く抱きしめる。

 

大学時代のアダム

大学生になったアダムは、過去のように教室を間違ったローラに再会し、

彼女を正しい教室に案内する。

 

~おわり~

 

 

 

タイムトラベル的なものは好きだが、その分、先が読めてしまい

あまり驚きは無かった。

グロテスクな戦闘シーンなどはないので、子供にもおすすめ。

大人より、子供向けかな?

 

ライアン・レイノルズのとぼけ顔が好き。

カッコいいヒーローより、人間味のあるキャラクターがはまる。