映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

リチャード・ジュエル Richard Jewell (2019)

リチャード・ジュエル(字幕版)

1996年7月27日、警備員のリチャード・ジュエルは、アトランタ・オリンピックの

会場近くのイベント会場でベンチ下に置かれた怪しげなカバンを発見、中には

パイプ爆弾が入っていた。

2人の犠牲者と100人以上の負傷者が出たが、大勢が爆発前に避難が出来たことで

マスコミは、第一発見者であるリチャードを英雄として称える報道をする。

しかし、数日後に地元紙から、リチャードがFBIの第一容疑者だと報じられたことで

一転、悪人としてマスコミからもFBIからも追われることになる。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

実際のリチャード・ジュエル氏

FBIからの謝罪を望み、FBIの誤った捜査に関する調査を議会に訴えている。

また、一連の報道により名誉を傷つけられたとして、各メディアを訴え

ほとんどの裁判で和解金を勝ち取っている。

 

 映画にもあった、実際の会見のシーン。

サム・ロックェル演じる弁護士1人ではなく、実際には弁護団として

リチャードを支えていたようだ。

 

映画のラストで、リチャードが44歳で亡くなったことは書かれていたが

新聞記者のキャシー・スクラッグスも薬の過剰摂取が原因で亡くなっている。

海外のサイトにあった彼女の追悼記事によると、リチャードの名誉棄損の訴訟で

苦しみ、うつ病になったと書かれていた。

 

ワールドプレミア会場の動画

 

無実の罪で、FBIにはめられそうになり、マスコミから手のひら返しされ

リチャードも母親ボビも生きた心地がしなかっただろう。

家宅捜索で、ボビの下着まで持って行くFBIの追い込み方にはゾッとした。

実際ではなかった出来事かもしれないが、容疑者の母の下着が何に必要なのか?と

疑問に思う人が、FBI側にはいないのだろうか?

押収したものを返しに来る時の様子も冷淡だった。謝罪も礼も無かった。

 

サム・ロックウェルが演じた弁護士役をディカプリオが熱望していたという記事は

何度か読んだが、ディカプリオがもし演じていたら、また少し違った演出に

なっていたかもしれない。

 

この映画は、ダントツでキャシー・ベイツが際立っていた。

あの涙の会見シーンが、この映画の一番の見どころだろう。

授賞にはならなかったが、ゴールデングローブ賞アカデミー賞

助演女優賞にノミネートされている。

 

 

【映画ロケーション】

 

 アトランタ オリンピック公園

 

FBI捜査官と新聞記者が逢引する店 アトランタJohnny's Hideaway

 

弁護士事務所 (imdbより)