映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

アビゲイル クローズド・ワールド Abigail Эбигейл(2019)

アビゲイル クローズド・ワールド(字幕版)

死に至る謎の伝染病が広がり、街は感染拡大を防ぐシールドが張り巡らされていた。

覆面の検査官が住民を監視し、感染が確認された者は、すぐに隔離され、

その後生還するものはいなかった。

アビゲイルは、幼い頃に科学者の父親が目の前で感染者として連れ去られるが

父親はまだ生きていると信じていた。

ある時、アビゲイルは、検査官ともみ合いになり、相手が父の知人と知り

父親が何かの陰謀に巻き込まれたと確信し、父が連れ去られた場所を探し始める。

 

以下ネタバレあり

 

 

撮影風景とインタビュー映像

 

雰囲気としては

ハリー・ポッター(超能力が魔法っぽい)

・ファンタスティク・ビースト

ドクター・ストレンジ(超能力バトルシーンのVFX

設定としては

・FREAKS フリークス 能力者たち(能力を抑え、反逆者は隔離)

製作側は、スチームパンクスタイルのおとぎ話と評していた。

 

映画の雰囲気やデザインはとても好みで、VFXも美しく

映画というよりゲーム映像のような印象。

ストーリーがあまり練られておらず、単純でわかりやすいが

つっこみどころも多かった。

日本での評価はいまひとつだが、スチームパンクスタイルの小道具や

インテリア等がとても気に入った。

 

 他の出演作

アビゲイル役のTinatin Dalakishvili(ティナティン・ダラキシュヴィリ)が

とにかく美しかった。少年っぽい外見がまた良い!

他の作品でも、ボーイッシュなスタイルのものが多く、宝塚の男役が

はまりそうなイメージ。

黒髪にすると、特にカッコいい!

 

 

 撮影裏側の動画

 

 

【映画ロケーション】

 

能力者達のアジト Евангелическо-Лютеранская Церковь Святой Анны

雰囲気ある内装で、他の作品でも使われています。