映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋 Long Shot (2019)

Long Shot (Original Motion Picture Score)

アメリカの国務長官のシャーロット・フィールドは、現大統領から再選を目指さない

と言われ、大統領選への出馬を決めた。

大統領選のスピーチライターを探している中、十代の頃、ベビーシッターをした

フレッド・フラスキーと偶然再会する。

ジャーナリストだった彼は、正義感が強く頑固な性格から、勢いで会社を辞め

現在無職。フレッドの過去の記事を読み、シャーロットはフレッドに大統領選の

スピーチ原稿作りを依頼する。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

【映画ロケーション】

撮影は、主にカナダのモントリオールで撮影されていたよう。

滞在中、シャーリーズ・セロンは、リッツ・カールトンモントリオール

宿泊していたと海外のサイトで紹介されていました。

NIGHTLIFE.CAでは、撮影風景の画像が多数紹介されています。

モントリオール市街、Saint-Henri等で目撃されていたようです。

 

 

 

(ストーリー)ネタバレ少々

シャーロット・フィールド国務長官は、チャンバース大統領から再選をしないと

伝えられ、大統領選への出馬を決める。

同じ頃、ジャーナリストのフレッド・フラスキーは、会社が悪徳メディア王の

パーカー・ウェンブリーに買収されたことを知って憤慨し、勢いで退職したが

再就職のあては無い。

フレッドは、親友のランスに相談に行き、彼に誘われるままチャリティー

パーティーに出席し、シャーロットと再会する。

実は、シャーロットはフレッドのベビーシッターで、フレッドにとって彼女は

初恋の女性だった。 

フレッドのコラムを読んだシャーロットは、彼を大統領選のスピーチライターと

して雇うことを決める。

その後、シャーロットは、環境問題に関するスピーチをすることになるが

インドからの反対があり、スピーチ内容を変更しようと決める。

しかし、フレッドから説得され、スピーチ内容を変更せず、自分の思いを訴え

スピーチは大成功する。

フレッドも彼女のために素晴らしいスピーチ原稿を書きたいと、シャーロットの

人となりを知るために様々な質問をし続け、結果、2人の距離は急接近!

マニラでの暴動をきっかけに二人は恋に落ちる。

しかし、シャーロットの環境政策に関し、チャンバース大統領と意見が対立。

最終的に、大統領は、悪徳メディア王のパーカー・ウェンブリーと共に

フレッドのある動画を流出させると、シャーロットは脅迫されてしまう…。

 

 

 

 ビハインドシーン

可愛いワンちゃんとのインタビュー

 

 

少々下品なシーンもあり、漫画的な展開ではあるけれど

シャーリーズ・セロンの美貌によって、下品さが緩和されているように思えた。

カナダの首相役のアレクサンダー・スカルスガルドが、映画用メイクなのだろうが

かなり老けていて驚いてしまった。

 

アメリカ初の女性大統領の期待を込めて、8/10点。