映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

タリーと私の秘密の時間 Tully

タリーと私の秘密の時間(字幕版)

3人目の子供を妊娠し、疲れ果てていたマーロ。夫は育児を手伝わず、

二人目の子供は、問題があり入学した小学校を転校しなければならない状況。

心配した彼女の兄が出産前に、夜だけベビーシッターをしてくれる

"ナイト・シッター"の存在を紹介してくれる。

出産後、精も根も尽き果てたマーロのもとに、ナイト・シッターのタリーという

若い女性がやってくる。

 

以下ネタバレあり

 

 

映画のストーリーよりも、衝撃なのがシャーリーズ・セロンの役作り。

出産後のシーンでも、お腹が出たままだったので、

あれは合成か作り物か?と思っていたが、調べてみると役作りのために

太ったという記事を見つけた。ずーっと食べ続けていたそうだ。

 

すぐに思い出したのは「モンスター」でのシャーリーズ・セロン

デビューしてからその美貌を生かした役どころばかりだったので

衝撃的な役作りで話題になった作品。

アカデミー賞ゴールデングローブ賞も主演女優賞を授賞する。

 

日本でも問題になっている『ワンオペ育児』という言葉。

(ワン・オペレーション=1人で全ての作業をこなす)

母親が、子育てと家事(+仕事)の一切をこなしている状況。

この映画に登場する夫も、家でなーーーーーーーーーーーーーんにも

していない。食後はさっさとベッドに入り、ヘッドフォンをしながら

ゾンビゲームに夢中。

 

タリーという名の、あまりに出来過ぎるナイト・シッターの登場に、

最近放送中の「私の家政夫ナギサさん」を思い出したりしていたが

次第に、これは…と気づき始める。

それに気づくと心が痛くて、最後はどうなってしまうのか?と

ハラハラしながら見守っていると、案の定、居眠り運転後に…。

 

病院の医師から説明され、彼女の状況にようやく気付く夫。

でも、あいつ、絶対心の底まで反省してないな?などと、不信感が否めないまま

エンディングを迎えた。

今までの状況で、どうしても夫が信用出来ないままだった。

 

 

 映画ロケーション カナダ・バンクーバー べニーズベーグル