映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

THE EVENT 第8話「国家の利益」 For the Good of Our Country

オフィシャルサイトより

大統領は、ソフィアやトーマス、潜伏者の捜索が一向に進まない事にいら立つが、ブレイクから別荘での殺害計画には糸口があると進言され、マイケルから情報を聞き出すべく尋問する。一方、ピーターのアパートから逃れたショーンとレイラだったが、ショーンは追手に撃たれ重傷を負ってしまう。

以下ネタばれあり

【ショーン・ウォーカー&レイラ・ブキャナン】

ピーターのアパートから逃げだしたショーンとレイラは、

追手に気づかずショーンが撃たれてしまう。

病院に行けば逮捕されてしまうとショーンに言われたレイラは、

病院の外にいた医者を拉致。

医者は瀕死のショーンを治療し、ショーンは一命を取りとめる。

【Avias 514 航空機事故】

Avias 514航空機事故について、政府はテロリストが機内に病原菌撒くいたため

政府の隔離施設に乗客全員を入院させ、全員無事帰宅することが出来たと発表。

機長のマイケル・ブキャナンは、着陸時の怪我が原因で死亡。

ニュースでは、英雄としてブキャナン機長を讃えていた。

しかし、実は機長は生きており、イーリアス・マルティネス大統領から

事件の真相を話すよう説得されるが、犯人達については何も知らなかった。

ただ、離陸直前まで計画は中止することも考えていたようだったと説明。

決行の知らせの電話は何時にかかってきたか?と問う大統領に、

機長は1時8分と答えた。

1時8分という時間は、大統領がレイモンド・ジャービス副大統領や

FBI長官ブレイク・スターリングらと話しあい、アラスカに収容していた

ソフィア達地球外生命体の存在、施設からの解放を公表すると決定してから

すぐの時間だった。

大統領が、スターリング長官に公表について知っている内部の人間の

当日の通話記録を調べるよう指示。ジャービス副大統領が浮上する。

公表を決定後、携帯からスクランブル機能を使って何処かへ電話をしており

そのスクランブルは解読しようとしても軍事レベルの暗号よりも複雑なものだと判明。

通話は1時7分に終わっていた。

その1分後、機長のもとに計画続行の連絡が入ったのだった。

副大統領に裏切られたことを知った大統領は、激怒し彼のオフィスへ向かうが

彼は秘書に病院へ行くと言って外出したところだった。

【レイモンド・ジャービス副大統領】

2年前、ルイジアナで行われた党の全国大会でスピーチをしたジャービス上院議員のもとへ

James Dempsey氏が訪れた。

彼はジャービス上院議員に、次の新しい大統領はマルティネス上院議員

すでに決まっていると言い、副大統領候補を探していると説明。

国のため、マルティネスの理想主義を押さえ、バランスが取れる人物が良いと説明。

その後、ジャービス上院銀が副大統領となる。

大統領が、ブキャナン機長から話を聞いた後から

情報が自分だけ知らされていないと気付いた副大統領は、

デンプシー氏に連絡し、落ち合う約束をする。

しかし、約束の場所には、副大統領を暗殺するよう命令された

ヴィッキーとデンプシーの部下の男の2人がいた。

しかし、ヴィッキーは仲間の男を撃ち、副大統領の頭にサイレンサー銃を押し付け

黒幕がデンプシーだと発表し、彼を葬るよう訴える。

さもないと、二人のどちらかが死ぬことになると言う。

ヴィッキーが立ち去った後、副大統領は大統領に電話をする。

今から出頭し、全て説明すると言うが、電話の途中で近くにあった

バンが爆発し、側近とともに大怪我を負い倒れる。


ヴィッキーを雇っているジェームズ・デンプシー氏が

なんと大統領選等も陰で動かしていたことが判明!

副大統領も、彼に操られていた。

デンプシー氏の部下だったヴィッキーだが、デンプシー氏から

疑われていることを知り、デンプシー氏を裏切ることに。

以前のエピソードで、毎月胡蝶蘭が花を咲かせると自慢していた

デンプシー氏。どうやら同じものを自分も服用しているようだ。

ヴィッキーの前では、コーヒーに数滴入れて飲んでいたが

最後のシーンでは、スポイトを直接口に入れて飲んでいた…。

飲んだ後に鏡をみつめるデンプシー氏。

すると、彼の顔が若返っていき、すぐに元に戻った。

(幻覚なのか、それとも?!)

若返る…といえば、ソフィア達地球外生命体がまったく老化しないことに

なっていた。まさか、彼らを研究し、老化防止成分など作り出しているのか?

おじいさんだが、たまにジェシカおばさんの事件簿ジェシカおばさんに見えたりする。(-_-;)

次回の予告