映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

スーパーナチュラル2 第26話「蘇った恋人」 Children Shouldn't Play With Dead Things

b3dd5efb.jpg


Super!ドラマTVオフィシャルサイトより

サムとディーンは、母親の墓参りにやってくる。墓参りに乗り気でなかったディーンは無理に事件を探すかのように振る舞い、母の墓碑の近くにある不審な墓碑を発見し、サムを説得。調査の結果、そこに埋葬されていた少女が蘇り、恋人を殺害したらしいことが判明する。

英語のタイトルが怪しいなあ…と思って検索をしたら

映画「死体と遊ぶな子供たち」というゾンビ映画でした。(-_-;)

このドラマは、上記のように映画やドラマ引用することが多く

毎回楽しみにもしています。

今回は、ディーンが、アンジェラの父Dr. Masonが

娘をよみがえらそうとして魔術を使ったと考えていたため

“haven’t you seen Pet Sematary?”

「ペット・セメタリー」(という映画)を観たことがないのですか?

と言う台詞があります。こちらもゾンビ作品です。

gooMOVIE「ペット・セメタリー」

無くなった最愛の人に蘇ってもらいたい…と思うだろうが

ゾンビになってでも…という人はいないのでは?!

すでに死んでいるのだから、何をされても死なないというゾンビが

本当に恐ろしい!!!命ある人間はなすべきことはなく…。

ドラマとはいえ、亡くなったアンジェラには悪いけれど

別れたい彼がいる場合の相談は、男性にしてはいけません。

勘違いされ、余計に嫉妬の炎メラメラで、関係が悪化すること

間違いなし!相談にのってもらった相手と付き合い始めるという

ケースも私の周りでは多いです!

しかし、追いかけるわりに、彼もアンジェラのルームメイトと

浮気するなんて、簡単すぎるなー。

どう見てもアンジェラのほうが綺麗なのにぃ。

今回、兄弟本音を言い合えて、ようやく2人きりで

頑張っていこうという気持ちになれたようですね。

ディーンがずっと引きずっていきそうな気がしていましたが

良かったです。