映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

クリミナル・マインド3 FBI行動分析課 第9話 『ペネロープ』 Penelope

番組オフィシャルブログより

犯人が撃った弾丸は、ガルシアの胸部から入り腹部を傷つけていた。病院に搬送され緊急手術を受けるが、出血が激しく一時は心停止に陥る。しかし弾が心臓をそれたために、ガルシアは奇跡的に命をとりとめた。

ホッチはガルシアのコンピュータのファイルから、コルビーに関する情報を探そうと局内のコンピュータ・スペシャリストのリンチに依頼する。しかしリンチがFBIの内部規則に反するセキュリティロックをかけたファイルを発見してしまったために、ガルシアは内部監査の対象となり停職処分にされてしまう。

なにごとにも理由がある。常にそう考えてきたガルシアは、自分でも事件を調査するために病院を退院し、モーガンに付き添われて自宅に帰った。ところが深夜、ガルシアの生存を知ったコルビーが、警備に当たっていた警官を射殺しアパート内に侵入。用心のために泊まっていたモーガンが反撃するも、コルビーを逃がしてしまう。


良かった!ガルシア!

もう最初から泣いていました。感情移入しすぎなほど。

JJが涙をためて、病室のガルシアに近づいていくシーンも、一緒に涙。

BAUの一員ぐらいのつもりで心配していました。

あの男(ジェイソン・クラーク・バトル=ジェイムズ・コルビー・ベイラー)が、BAUにやってきてからは、

心臓バクバク、ホッチと同じぐらいに眉間に皺寄せちゃってかまえてました。

JJが撃ったシーンは、かっこよかったなあ。JJらしく美しくガラスが割れていくシーンでした。

ガルシアは、JJに射殺させてしまったと心配していたけれど、

JJは「家族を守るためなら何でもする」というかっこいい返事!さすがJJ。

最後のシーンで、リンチとガルシアがいい雰囲気になっていたけれど…。

たしかにリンチもいい奴だけど、モーガンが「愛してる」と言っていたよね。

あのシーンドキドキでしたが、それは恋愛?家族愛?

恋愛だと思いたいけれど…、あくまで家族愛なのかな?

FBIの内部監査官フックスが、あのマーク・ヴァーン!

CSI:科学捜査班のエクリー役の俳優さん。彼が出てきた時点で、「奴はBAUまで邪魔する気か?」と思ってしまいました。最後、人質になってちょっとザマーミロと思ってしまった…。

今回のエピで、ガルシアの過去について色々わかってびっくり!

年齢 30歳。

両親 元ヒッピー

出身 サンフランシスコ

18歳のときに両親が交通事故で死亡し、そのことが原因でカリフォルニア工科大を中退。

暗号学は独学でつづけ、FBIブラックリストに載るハッカーに。

リード君のセリフに

“It's like Frank Abagnale; the Bureau figured if you can't beat 'em, hire 'em.”

「(ガルシアを雇った理由は)フランク・アバグネイルと一緒だ。勝ち目がないから雇ったんだ。」

とありました。

Frank Abagnaleは、ディカプリオ主演の映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のモデルの人物。

現在アバグネイル氏は、自分の小切手詐欺の経験を生かしてセキュリティのコンサルタント会社を設立しております。