映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

フラッシュフォワード 第11話 ゼロの実態(前編) Revelation Zero

Flash Forward: Season One Pt.1 [DVD] [Import]Flash Forward: Season One Pt.1 [DVD] [Import]
(2010/02/23)
不明

オフィシャルサイトより

悩めるニコールは、ブラックアウトをキッカケに、窓拭き業者から宗教家に転身した男性の話を聞きに行く。一方、ロイドの行方を必死で捜すFBI。マークは香港の件で休職処分になるが、それでも独りで捜査を続けようと考える。そんな中、他にも行方不明者がでる事態に。

以下ねたばれあり

ちょっとずつ面白くなってまいりました!

まずは、物理学者のロイド・シムコーが何者かに病院から連れ去られます。

その次に、共同研究者であるサイモン・キャンポスも誘拐され、

ロイド・シムコーと同じ監禁場所に連れてこられます。

彼らを誘拐した男性は、テッド・フロッソ。

もう一度ブラックアウトを引き起こそうと企んでいて

ロイド・シムコーから前回のブラックアウト時の電子ボルト数を聞き出そうとしています。

LOSTも同時に見ているので、LOSTのチャーリー役のドミニク・モナハンが

こちらでも悪党にぼこぼこにされているのを見て、何で彼はこんな役ばかり?

と同情しながら応援しております。

窓拭き業者から宗教家に転身した男性ティモシーを演じるのは

「アリーmyラブ」のビリー・トーマス役で有名なGil Bellows。

アリーの頃から、レッツゴー三匹のじゅんちゃんと呼んでいた私。

あれから何年もたち、さらにおでこの後退が進んでおりました。

最初、ちょっと見たことある俳優さんだけど誰だろう?と悩むぐらいに変貌。

でも宗教家がとってもはまり役でした。

穏やかな表情の俳優さんだからかな?似合ってました。

主人公のマーク・ベンフォードは、前回エピで上司に無断で海外へ行き

大立ち回りをしたために、現在FBIを休職中。

セラピーを受け、医師の承諾がなければ職場復帰出来ません。

ブラックアウト時に見たものをより正確に思い出すために

薬を注射することになります。

彼が新たに思い出したのは、電話で罵っている相手がロイド・シムコーで

2回目のブラックアウトが起こることを知っていました。

やはりテッド・フロッソがブラックアウトを再度ひきおこすつもりなのでしょう。

このドラマ、全体的に暗いので、もうちょっと笑えるシーンなどがあれば

救われるのになあと思います。

早く続きが知りたい。