映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クリミナル・マインド S5#20 『呪われたタトゥー』 ... A Thousand Words

 PV

オフィシャルサイトより

フロリダ州タラハシーの緊急コールセンターに、「クロフォードヴィルの倉庫に死体がある」という男からの通報が入り、電話口で一発の銃声が響いた。駆けつけた警察官が倉庫で見つけたのは、自らの頭を吹き飛ばした中年男性の自殺死体。男の上半身には、名前と数字と女性の顔がいくつも刺青されていた。女性は全て失踪した女性で、年号は殺害もしくは発見された年だった。

以下ネタばれあり

今回はインパクトがあるエピで本当に恐ろしかった!

ドラマの中で語られていた、レイ・ブラッドベリの『刺青の男』(The Illustrated Man)の

映画の予告編です。

刺青の男 (ハヤカワ文庫 NV 111)刺青の男 (ハヤカワ文庫 NV 111)
(1976/02)
レイ・ブラッドベリ

商品詳細を見る
     こちらが原作です。

この作品のように、殺した女性の刺青が夜な夜な語り出したら怖い!

男の子を産んで亡くなった犯人の恋人ジュリエット。

ある意味、被害者達よりも悲惨な人生だったのでは?と思ってしまう。

最後の被害者が、赤ちゃんとともに無事救出されて本当に良かった。

母であるJJが、赤ちゃんの将来を心配していたシーンが印象的だった。

気になったのは、プレンティスが参加していたという

アトランティック背徳のギャンブルツアー("Sin To Win" weekend in Atlantic City)のこと。

モーガンも興味津津のようでしたが、うまくごまかされドラマ内では詳細はわからず。

あの天才リード君をポーカーで負かしたプレンティス!

今後、プレンティスのギャンブルがらみのエピが出てくるかも。

リード君、"I never lose"「(ポーカーで)負けたことないのに。」と

ショックを受けていました。(笑)

海外のクリミナルマインドファンの皆さんも、このプレンティスの

“アトランティック背徳のギャンブルツアー”("Sin To Win" weekend in Atlantic City)

が気になったようで、Yahoo!ansers等でいくつか投稿されてました。

“Sin To Win”というものは、Dante's Inferno(ダンテズ・インフェルノ~神曲 地獄編~

というゲームのプロモーションのために2009年のComic Conで行われたコンテスト名だと

いうことですが、プレンティスの話しとはあまり関係無いような気もします。

(関連記事を日本のサイトで見つけました。via:Game*Spark)