映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

THE MENTALIST S2 第 21 話「赤い鼻の恐怖」 18-5-4

THE MENTALIST/メンタリスト〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD]

オフィシャルサイトより

若い男性がピエロ姿の人物に銃で撃たれて死亡。被害者はノア・バリケットと判明。被害者は右手の人差し指を切り取られていた。この日、事件現場周辺では、ある映画のピエロ役のオーディションにやってきたピエロ姿の人物が大勢おり、犯行は計画的と思われた。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

笑顔で飄々としているジェーンは、プライドが高い人の鼻を明かすのが大好き。

 

今回、ジェーンのターゲットは、被害者のノアに開発の依頼をしていたTolman Bundiger。

チェスで対決となるが、ジェーンは最初から自信たっぷり。

 

トルーマンや脱獄したオリバーなど、ノアが開発した暗号解読装置がらみの

殺人かと思わせながら、真犯人は意外な人物だった。

 

 

 

【事件への流れ】

 

被害者:ノア・バリケット Noah Valiquette 32歳

数学の天才だが、人前で話すのが苦手で、常勤講師を目指すがうまくいかなかった。

数学の専門誌に論文を載せていたが、お金にはならず

妻のDaphneのウェイトレスでの収入で暮らしていた。

 

スポーツ賭博をしているAlec Moscaと出会い、賭けの予想を始める。

(妻には株取引の仕事だと嘘をつく。)

ところが、3週間前から予想がはずれ続けるようになる。

 

原因は、Tolman Bundigerから依頼された暗号解読ソフトの開発に没頭していた

ためだった。

トルーマンは、ノア以外にも仕事を依頼していた。

一人は、アムステルダム在住のAlex Cromel、

もう一人はClark Mental Health Facilityに収容されているOliver McDanielだった。

 

ノアは、暗号解読ソフトを完成させるが、これが悪用されることを恐れ

トルーマンに渡さないことに決めるが

完成させればトルーマンから200万ドルもらえると知った妻ダフネは

トルーマンに渡すよう説得するが、ノアの意思は固かった。

 

そこで、ピエロ恐怖症のノアをピエロに扮して殺害することを計画。

ピエロの扮装は目立つため、嘘の求人広告を出し(ピエロに扮して来ることが条件)

街中ピエロだらけになった中、ダフネがピエロに扮し、ノアを林の中へ追いつめ射殺。

彼の部屋の床下に指紋認証金庫があったため、彼の人差し指を切り取ることに。

 

ノアの死体が発見され、CBIが捜査にのりだす。

 

妻ダフネは、金庫を開けたが中には何も入っておらず

部屋を荒らすが、結局発明した暗号解読ソフトは手に入れられなかった。

 

ジェーンが、ノアが高価なチェスセットを無防備に置き、

安い中国製のチェスセットが大事にされていたことに目をつけ

チェスの駒を確認していくと、駒の中に42と書かれたロッカーらしき鍵が

隠されていた。

 

その鍵を持ち、もう一人の開発依頼者オリバーのもとへ向かう。

オリバーは、鍵を見てすぐにそれが2人でよく出かけた

サンタモニカのパシフィックパークのロッカーの鍵だと気付き、

ジェーン達が去った後すぐに脱獄する。

 

オリバーがパシフィックパークに来るのを待ち構える中、トルーマン

42番のロッカーをこじ開け、結局オリバーもトルーマンも逮捕される。

 

トルーマンは、検事総長の指示で釈放することに。

 

そこで、妻が犯人と気付いたジェーンが、彼女をひっかけるために

開発した装置を持って、ダフネとノアの兄とともにトルーマンのもとへ。

案の定、ダフネがジェーンの罠にはまり、彼女が犯人だと暴かれる。

 

ノアの開発した装置は、ジェーンが(故意に)壊してしまう。

チェス対決にも負け、大事な装置も壊されたトルーマンは、ムッとして

それを持ちかえるしかなかった。

 

 


 

 

今回の見どころは、何といっても犯人(被害者の妻ダフネ)役のLucy Davis。

リグスビー役のOwain Yeomanの奥さまです。

 

犯人役の妻Lucy Davisに手錠をかけるリグスビーことOwain Yeoman。

 

ゴシップ誌を賑わせているのは奥さんLucy Davisの体型の変化…。

パパラッチが隠し撮りするのは、油断している時の写真ばかり…。

結婚後、同じく激太りをした私は同情しきり。

 

 (※追記 2011年1月に別居、10月に離婚成立。)

 

 

【ロケーション】

ロッカーがあった遊園地は、サンタモニカにあるパシフィック・パーク

撮影されました。

遊園地の公式サイトにも、“Film Location”の欄にメンタリストの名があります。

 

 

ドラマや映画等の撮影に良く使われる有名な遊園地です。